携帯版を始めました!!!

携帯の音声付のコラムです。


登録、よろしくお願い致します。






●PC用登録・解除


登録






解除








●携帯用登録・解除URL

http://m.mag2.jp/M0080441





★ 石田塾

絶対あきらめない英語コラム  



━━━━━━━━━━
★ 石田塾
━━━━━━━━━━


 こんにちは。ポートランドの斉藤です。


こちらは、すっかり夏の陽気ですね。

 会社ではガンガン冷房が効いて、気持ちがいいです。


 
 ところで、石田 健さんという方、ご存知ですか?


 『毎日1分!英字新聞』というメルマガを発行されているので、

 結構有名だと思うのですが、どうですか??


 私と、石田さんとの付き合いは、2004年からですから、早4年が経ちます。

 一緒にビジネスを始めたのは、2005年。


 しかし、お互い一度も顔を合わせたことがありません。(笑)


 すべて、メールでのやり取りで済んでいます。



 また、2004年に、石田さんが発行された最初のe-book、

 『緊急限定レポート あなたの年収が1000万円を超える!
 ザクザク稼ぐメールマガジン』を、読んで、感動して、
 
 販売していたら、石田さんからメールが来たのですよ!!!



(ここから)

斉藤さん、

石田です。数字のご連絡をありがとうございます。

大変参考になります。

また、「ザクザク稼ぐ」の販売協力ありがとうございます。

うーん、なるほど。こうやるのか〜って感心しています。

こんどアフィリエイターたちに優秀なアフィリエイトサイトとして
報告しますので、紹介させてもらっていいですか?

当然、斉藤さんのメルマガの紹介もします。

(ここまで)


 今では、当たり前の手法ですが、

 あの当時(2004年)は、誰もやっていなかったのです。


 石田さんも、やっていなかった方法だったので、感心されました。(笑)



 そのe-bookが、大ヒットしてから、石田さんの快進撃が始まりましたね。


 それが、石田塾。


 それも、今回で第七期になり、最後だそうです。

 (なんで〜〜??)


 5/27(火曜日) 募集締め切り

石田塾 第七期


 入るのなら、今しかないですよ。




□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 石田さんのメールって、いつもポップな感じです。

 人柄でしょうね。(笑)




----------------------------------------------------------------------



☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

凹まない人の秘密


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★     2008/5/6
___________________________________


★ 凹まない人の秘密

★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 凹まない人の秘密
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 こんにちは。ポートランドの斉藤です。


こちらは、すっかり五月の陽気です。

 まさに、

 『目には青葉 山ほととぎす 初がつを』、ですね♪

 といっても、オレゴンでは青葉くらいですが.....


 
 ところで、私達の友人 アル・シーバートの日本語の本が出ました。


 私達とアルの出会いは、彼の著書でした。

 サラが、アルの本と読んで、すごく感動し、

 書評をサイトに書いたのです。


 それじゃって、私はアルにメールを書いて、

 インタビューさせて欲しいって、頼みました。


 2005年の4月のことでした。


 それ以来、すっかり家族付き合いになりまた。


 メールって、出してみるものですよね!!!


 また、その関係で、翻訳者の林田さんとも、懇意になりました。


 昨年、林田さんがこちらに来られた時は、シーバートご夫妻と一緒に
 
 ランチを食べました。

 我が家の子供達も、けっこう楽しんでいましたよ!!!



 そうそう、今回の本のタイトルは、

 『凹まない人の秘密』です。

 逆境に陥っても、そこからはい上がってくる人は、どのような
 キャラを持っているのか、明確に説明をしています。


 強くならなくてもいい、

 落ち込んでもいい、

 凹んだままになる人なんかいない。

 っていう、アルのメッセージは、

 ストレスの多い現代人にとって、すごくためになります。

 
 ちなみに、ストレスって言葉、間違っているらしいです。

 本書を読んで、初めて知りました。(笑)



『凹まない人の秘密』






□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 アルと出会って、早3年。

 私も、凹まない人になれたかな???


 うーーん、どうだろうか???




----------------------------------------------------------------------



☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/6/4]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku-go.htm


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.885 2007/6/4
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part7(最終話)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part7(最終話)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby Makes Five


Part 7

"Baby Kiss!" said Miyabi, frowning and puckering up again.

"No! A Hug!" said Hikaru, trying to reach around me and
push her away at the same time. She pushed back, and soon they
were poking and pushing all over the top of me.


"Yes, ok, she loves you both!" I said, trying to make my escape.

Later that evening, Hikaru wasn't feeling so well.

"I want to lay on a pillow and get some love," he told me.

He lay down across my lap, and I put my hands gently on the top
and side of his head, concentrating on sending him some positive energy.
He relaxed and smiled, and Miyabi came by to look.


"Chu-chu, cold?" she said, and toddled off.

Soon she came back with a blanket and carefully tucked it
over his feet and shoulders. He smiled at her and she smiled back.


"Thankyou, Miyachu," he said.

"e-com," she said.

With such a great big brother and sister for little Lea Sue,
what could go wrong?


Maybe she was thinking the exact same thing, because inside my
belly, she suddenly started kicking.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 みなさん、おひさしぶりです、

 お元気でしたか?

 私達家族も、元気いっぱいで毎日すごしております。

 莉愛もかなり大きくなり、ヒカルもミヤビもポートランドの初夏を
 楽しんでいます。

 今は、ちょうどローズ フェスティバルの季節なのです。


 私の方は、トモネット英語塾が忙しく、
 毎日それに全力を注入しています。

 色々な方が、真剣に英語を勉強されていますので、
 こちらも手が抜けないですね。

 6月には、第二回 スピーチコンテスト(洋画編)を、
 行っている最中です。

 これが、本当に楽しみなのです。

 塾生が、どのような音声フィアルをアップするのか、
 サラ共々、ホント楽しみです。


 また、塾のフォーラム(BBS)の書き込みもかなり多く、
 一日平均17の書き込みがあり、
 塾生の英語に対する本気度合いが、よく分かります。

 私も書き込みに対して、楽しんで書き込んでいますしね!!!


 そして、
 今は、『完全返金保障』のキャンペーン中です。

 もしよろしければ、サイトの方を、覗いてみてください。

 http://1eigo-tommonet.com/tomojuku-go.htm


 英語を勉強するって、本当に楽しいですね。

 この歳になって、ようやく分かりました。(笑)





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/4/30]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.886 2007/4/30
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part6(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part6(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 6


Near the end of February, a baby girl will join our family.
I'll get to find out if what my mother said was true, that
three children is actually easier than two.


Both Hikaru and Miyabi are already looking forward to having a
little sister. They both understand that she's in my stomach and that
one day soon she'll come out to play.


Recently, they sat down on either side of me on the sofa.

"Kiss baby," said Miyabi, and she planted a big one on my huge belly.
"It's my turn!" said Hikaru. "I'll give Lea Sue my hug!"


He reached over, put both arms around my stomach and squeezed
as hard as he could.





そして、赤ちゃんで5人目です


2月も終わり近くなり、女の赤ちゃんが私たちの家族に加わり始めます。
私の母が言ったこと、それは三人の子供の方が、二人より実際簡単だという
ことが、本当だったのかどうかが、もうすぐ分かるでしょう。 


ヒカルもミヤビも、早くも小さい妹を楽しみに待っています。
彼らのどちらも、赤ちゃんが私のおなかの中にいて、ある日すぐに出てきて、
遊ぶのだと思っています。


最近、彼らはソファーで私の両側に座りました。

『キス ベイビー』と、ミヤビが言い、そして私の大きなおなかに、
大きなキスをしました。

  『僕の番だ』と、ヒカルは言いました。 『リア スーに、ハグをあげる!』


彼は手を伸ばし、私のおなかの周りに両方の腕を置き、一生懸命割り込んで
きました。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 みなさん、お久しぶりです。

 もうしわけないです、あまりにも忙しかったために、
 発行がままなら無かったです。

 今は、少しずつ落ち着いてきましたので、
 大丈夫になりました。

 子育てと、トモネット英語塾、

 両方とも、忙しいです!!!


 赤ちゃんの 莉愛は、やっと夜も長く寝れるようになりました。

 サラも、一安心です。


 そして、先日領事館に行き、戸籍の登録をしました。

 手書きの書類は久しぶりだったので、手がすごく疲れましたね。(笑)


 これで、私も一安心!!!


 今、子供達は二重国籍ですが、大人になったらどちらの国籍を
 選ぶのでしょうか??

 多分、米国籍を選ぶと思いますが....


http://japan.usembassy.gov/j/acs/tacsj-dual.html

http://www.jca.apc.org/unicefclub/research/96_kokuseki/kokuseki_2.htm





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved


◎絶対あきらめない英語コラム
のバックナンバー・配信停止はこちら
http://blog.mag2.com/m/log/0000114534/

絶対あきらめない英語コラム[2007/3/18]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.885 2007/3/18
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part6

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 6


Near the end of February, a baby girl will join our family.
I'll get to find out if what my mother said was true, that
three children is actually easier than two.


Both Hikaru and Miyabi are already looking forward to having a
little sister. They both understand that she's in my stomach and that
one day soon she'll come out to play.


Recently, they sat down on either side of me on the sofa.

"Kiss baby," said Miyabi, and she planted a big one on my huge belly.
"It's my turn!" said Hikaru. "I'll give Lea Sue my hug!"


He reached over, put both arms around my stomach and squeezed
as hard as he could.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


ポートランドは、桜の花が満開です。

やはり、春っていいですよね。

うきうきですよ!!!


ところで、
今回初めて、梅と桜の違いが分かりました。

現在の分類基準では、梅と桜は同じ種(しゅ)なのです。

ですので、ほんと似てますよね。

一般的な違いは、梅は枝から直接花が咲き、
桜は、枝から軸をだして花を咲かせます。


うー、あまり今まで意識して見て無かったです。


ところで今、中西さんと一緒にトモネット英語塾をやっています。

というか、もうホント楽しんでいます。


ということで、中西さんのメールを読んでみてくださいね。

テーマは、「考える」ということについて。

今日はそんな話。

きっと分かる人には、
凄く良く分かると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1. 考えるということ

2. トモネット英語塾

3. 追伸


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 考えるということ


誤解を恐れずに、はっきり言いますが、
僕は「考える」ということをあまりしません。



「お前はアホか!!」



こんな声が聞こえてきそうですが、
本当のことだから仕方がない。

いや、厳密に言えば考えないようにしていると
言った方がいいのかな。


それも、意図的に。


ここはちょっとゆっくり読んでみて
欲しいんだけど、



例えば、英語が話せるようになりたいとする。

こんな場合、

僕も含めて人間ってのは、いかんせん

過去の経験をベースにして、
今、目の前にある物事を、

自分がこれまで経験してきた中で最も
近い物事と限りなく近づけて考える習性がある。


ちょっと難しいかな?


これは良い。(だって、過去に良かったから)
これは駄目。(だって、過去に駄目だったから)
これは危険だ!!(だって、過去に大怪我したから)
これは美味しい!!(だって、過去に美味しかったから)



こんな具合ね。


赤ちゃんと大人で考えてみれば、
これなんかはもう一目瞭然。


これは人間である以上、
もうどうしようもない事実。


だから、英「会話」で考えてみた場合、

学校で習った英語教育をベースにして、
やっぱり英「会話」を“勉強”しようと思うわけ。


だって、過去に英語を“そう”して習って来たから。


学校教育で文法が大事だよ、と、
今まで習ってきた経験を元にして

考えて行動するというわけだ。


英語が話せるようになりたいのに、

まずは、英文法が大事だと何の疑いもなく
英文法から入っていく。


別にこれが悪いって言っているわけじゃないよ。


ただ、英「会話」を何とかしたければ、
話す練習をすればいいのにね。



これが僕が言っている、

「考えない」ということ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが良いとか悪いとか、
そういうことではなくて、

今までやったことがない分野のことを
いくら過去の経験をベースにして考えて見たところで


実際のところはよくわからない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから、
僕は「考えない」と言っているだけです。


じゃあ、どうするのか?


聞けばいい。


英語が話せるようになりたければ、
実際に英語を話せるように「なった人」に聞く。


こんなことは、
小学生でもわかってる。


同じ行動を起こしていても、
結果が大きく違ってくるのは、こんなちょっとした

「考え方」がもろに影響してくる。

本当だよ。




■第二ステップ

普通の英語学習とは、

ものの見事に180度逆のことを
やっている、トモネット英語塾ですが、


第二ステップに突入しました!!



一体何をやっているのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これについて、いくつか質問メールを
頂きましたので、お答えしておきます。


第一ステップで最低限の
英語基礎体力を付け、


第二ステップとして、はじめて
英語を音として聴けるようになるために、

英語発音の段階に入ったという、
ただ、それだけです。


言ってしまえば、
スポンジ生成段階(笑)。


なぜ、第一ステップで英語発音を
やらなかったのか?

これは、話すと“短い”ので止めておきます(笑)。


・今まで英語で“挫折”したことがあるのであれば、
・今まで英語で“悩んだ”ことがあるのであれば、


そんなところで、挫折したり悩んだり
する必要のない環境に飛ぶ込めば良いだけのことです。


言っておきますが、


英語は楽しいものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語が楽しいだけじゃ何だかつまらないし、
歯ごたえがないから、難しくしているのは、

他でもない、あなた“かも”しれません。


楽しく、そして限りなく実践に近い英語を
最短でモノにできる英語“楽”習道場、

トモネット英語塾。


こんな具合です。

http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-3-2.htm



こんなのはやらせだーと、そう思うのであれば、
それはそれで大いに結構です。


塾生の声を追加しておきましたので、
参考にしてみてください。


http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/



できるか、できないかではなく、
やるかやらないか?



そういうこと。







追伸



僕もそうだったのですが、

英語に悩んだり、挫折したり
苦労したり、劣等感があったり


こんな実体験があればある程、


実は、英語ってのは伸びやすいのかなと
思います。経験上。

http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/3/12]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.884 2007/3/12
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part5(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part5(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 5


Now Miyabi has just turned two, and Hikaru is almost four. He is
counting down the days to his birthday, so tired of still being three,
and wanting more presents. He loves running and chasing and fighting.


"Daddy, you are the guards, and I am Dash. Try to catch me!," he
says, and he is off and running, with his Daddy in hot pursuit. When
Daddy is tired and says that he needs a rest, Hikaru grabs his little
sister by the hand.


"Miyachu, let's dance!" he shouts.


"Oh," she says happily, and they link hands and twirl in
dizzy circles until she loses her grip and falls to the floor.


"Sorry, Miyachu. Do you want to go again?" he asks hopefully,
reaching down to help her up.


"Yup," she says, taking his hand. Soon they are once again
spinning around and around the center of the room.





そして、赤ちゃんで5人目です


ミヤビは今ちょうど2歳になったところです。ヒカルはもうすぐ4歳でした。
彼は誕生日までの日にちをカウントダウンしています。それは、三歳にすでに
飽きてしまって、また多くのプレゼントが欲しいからです。 走ること、追い
かけっこ、そしてファイティングが大好きです。


『パパ、パパは見張りで、私はダッシュね。 捕まえてみてね!』と、
ヒカルは言い、そして離れ、追跡者のパパと走っています。 パパが疲れて、
休みたいと言う時は、ヒカルは小さな姉妹の手をつかみます。


『ミヤチュウ、踊ろう』と、彼が叫びます。

『オー』と、うれしそうに彼女が答え、手を離し、そして床に倒れるまで、
彼らは手をつなぎ、目が回る回転でくるくる回ります。

『ごめんね、ミヤチュウ。もう一回やりたい?』と、彼女を助け起こす
ために手を差し伸べながら、期待を持って聞きます。

彼の手を取って、『うん』と、彼女は答えます。 すぐに彼らはもう一度、
部屋の中心で、なんどもなんども回っています。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■

 咲きましたよ、桜が。

 やはり春ですよね!!!


 ところで先日、近所の家電量販店で、DVD-R(100枚入り)を25ドル、
 そしてCD-R(100枚入り)を、15ドルで買いました。

 両方とも、TDK製です。

 すごく、安くなってきましたね。

 実は、その店で以前、無名ブランドのDVD-R(100枚入り)を
 19ドルで買ったのですが、焼きエラーが何回かあり、
 やはりDVD-Rは、有名メーカー製が良いなと思っていました。

 ちなみに、CD-Rは無名ブランドでも大丈夫です。

 DVD-Rは容量が多い分、有名メーカー製が良いですね!!


 私の作った商材『ハリウッドで英語耳』に、DVDのコピーのやり方を
 紹介しています。
 http://kodomo4u.com/eigomimi/eiga.html


 しかし、トモネット英語塾に入塾された方には、
 『ハリウッドで英語耳』を無料で差し上げています。
 http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


 むちゃくちゃ、お得です!!!!

 



----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/3/6]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.883 2007/3/6
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part5

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part5
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 5


Now Miyabi has just turned two, and Hikaru is almost four. He is
counting down the days to his birthday, so tired of still being three,
and wanting more presents. He loves running and chasing and fighting.


"Daddy, you are the guards, and I am Dash. Try to catch me!," he
says, and he is off and running, with his Daddy in hot pursuit. When
Daddy is tired and says that he needs a rest, Hikaru grabs his little
sister by the hand.


"Miyachu, let's dance!" he shouts.


"Oh," she says happily, and they link hands and twirl in
dizzy circles until she loses her grip and falls to the floor.


"Sorry, Miyachu. Do you want to go again?" he asks hopefully,
reaching down to help her up.


"Yup," she says, taking his hand. Soon they are once again
spinning around and around the center of the room.





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■

 ポートランド、昨日は本当に春のようでした。

 着ていたジャケットと長袖のシャツを脱いで、半そで一枚でいました。

 ほんと、車の中にいると汗ばんできましたね。

 ということは、もうすぐ桜です。

 その前に、梅です。

 やはり、春はいいですよね!!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/2/26]

---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.881 2007/2/26
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part4

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 4


Things did get better. Hikaru stopped trying to attack his little
sister and started ignoring her instead. When she started to crawl and
smile at him, he finally softened, saying how cute she was and sharing
some of his toys with her every so often.


Miyabi began to sleep through the night much earlier than Hikaru
had. From about six months old, she also wanted to sit and eat dinner
with us. Hikaru had been very picky, but she wanted to eat anything
I would give her, even with only four teeth to chew with. Hikaru didn't
want her to show him up, so he began to eat better, too. I was able to
synchronize their naps during the day so that I had more time to myself
again. Eventually we could even snuggle together on the sofa.





今日も中西さんから、メールをいただきました。

いつもながら、中西さんって文章上手ですよね。
流れるような感じ、見習いたいです。



それじゃ、中西さん、よろしくお願い致します。





こんにちは。

トモです。

今日は朝からドタバタしてましたので、
セブンイレブンでスタミナドリンクを2本買って、

グビグビ飲みました(笑)。

どーでも良い話ですが、

大学時代、僕がアルバイトを5つ掛け持ちしていた頃は、
スタミナドリンクを毎日3、4本は飲んでました。

ハブ抽出エキスとかね(笑)。

スタミナドリンクマニア(苦笑)。


おまけに僕は大学の講義にもほぼ、

ハンドレッドパーセント(カタカナに特に意味はないよ 笑)。
の出席率だったので、

今更ながら、

「あー、よくやったな自分」と思ってます(笑)。


お昼を食べる時間があまりにも限られていたので、
原付きで運転しながら、パンかじってたしね。僕。

ちなみに、

自分以外でパンかじりながら原付きを運転している
人には今だに遭遇したことがありません(爆)。



中学時代の同級生で、
某Fテレビに入社して(言ってるし 笑)、

今年で3年目になるN君があっっまりにも

忙しい忙しいと電話口で言うものだから、


仕方なく、


「忙しさ自慢大会」で昔話に花を咲かせて、
最後に散らせておいたというわけです(笑)。



お前はお前の都合で忙しくしてろよー。

俺は俺の都合で忙しくしてるからなー。


ガッチャン・・・。


というわけで、この原稿は、
電話をガチャンと切った後に書いてます。


あ、それから
トモネット英語塾の決済システムで

JCBカードが一時使えなくなっておりましたが、
ようやく復旧しましたので、

これで一安心です。


いやー、メール攻撃しまくった甲斐
がありました(笑)。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1.魔法使いについて。

2.英語の話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1.魔法使いについて。


さて、今日は魔法使いの話についてです。

自分で言うのも何ですが、
相当変な話です(笑)。


ただ、僕が前回のレポートで、珍しく次回は、
「魔法使いについて」と予告のような形で宣言をしたので、


きっちり約束を果たそうと思います(笑)。


ただ、本題に入る前に言っておきますが、
くれぐれも「気をつけて」読んで下さいね。

「気をつけて」と言っても、この話をすることで、
「お金を取りますー。」そんな、せこいマネはしないので、


その点、安心して読んでください。


気をつけて欲しいのは、
あなたの「読み方」です。


是非、素直に読んでみてください。
何度も言いますが、相当変な話ですから。

はい。


さて、前置きはこれくらいにして。
最近、ひょんなことからお友達になった、

僕の家から電車でものの30分くらいのところに住んでいる
魔法使いの方から聞いた話です。

いや、「魔法使い」という表現はある人にとっては、
適切な表現ではないかもしれないので、

占い師としておきます(一緒か 笑)。


さて、この占い師なんですが、

ヒーリングとか、スピリチュアルにも
詳しいんですね。

スピリチュアルについては、日本だと江原啓之(ひろゆき)さん、
それから、美輪明宏(あきひろ)さんが有名だよね。


ちなみに、江原さんはここで動いてます(笑)。
(音が出るので、気をつけてね。)


http://www.ehara.tv/


というわけで、

宇宙の法則やら、オーラなんかにも非常に
詳しいんですね。


いや、詳しいってもんじゃないな。


愛知県を限定して言えば、この世界では
かなり名の通った有名人です(笑)。


彼女の簡単な経歴は、、

パキスタン生まれの帰国子女。

好きな食べ物は、とにかく辛いもの。

前世はイタリアで○女狩りに会う。

家はクリスタルの石だからけ。


以上このままだと経歴だけで終わってしまうので、
以下省略します(笑)。


で、そんな彼女が、
こんなことを言ってました。


「トモ君。2007年はね、必ず“想いの年”になるからね。
 
 想いの年というのは、

 簡単に言うと、強く望んだことが叶ってしまう。
 そんな年よ。

 というのも、

 2007年という年は、これまでない程に、
 宇宙から降り注いでいる「光子」の数が
 
 とてつもなく多いの。

 だからね、
 
 普段の10倍速で、想いが実現されるのよ。」



それから、

彼女はこんなことも言ってました。



「ただね、気をつけなくちゃいけないことがあって、
 
 想いというのは、前向きに。
 プラスの方へ想えば、確かにそうなるんだけど、

 マイナスの方へ想えば、マイナスの方へ
 それこそ10倍速で進んで行ってしまう。

 だから、注意が必要なの。」



あっ、断っておきますが、


別に僕は、スピリチュアルとか
ヒーリングの類の話というのは、


んっもうっ、殆ど信用していない人間なので、

ふーんとだけ聞いていたのですが、

最近、「いや待てよ。これって・・・」

と立ち止まって、ゾクゾクっとしてしまうことが
多々あるので、ちょっと妙な心境です。


おまけに手を触られただけで、
ズバズバとリーディングされてしまうし・・・。


うーん。

不思議です。


ちなみに、


この話は2時間くらいある話の中から
ポイントだけを絞って、

かなり、はし折って書きました。


1から10まで書くと、もう
書いている僕が変になってしまうので、

省略します(笑)。


参考までに。




2.英語の話。



英語の話です。

これも少し変な話になってしまうかもしれませんが、
思ったことをありのまま、正直に書いて行こうと思います。

ただ、間違っても

僕の言うことをそのまま鵜呑みなんかに
しないで下さいね。

要するに、

僕の言っていることを「判断」するのは、
あなた自身だということです。


僕は、英語に関しては特にそうですが、


自分が集められることができる
あらゆる情報、


それから実際に実体験の上で試してみた、


それこそ、仮説と検証を繰り返した
情報を総合的に判断してモノを言っています。


ただ、やみくもに

あーだ、こーだ言っているわけではないです。


でも、

そうは言っても

間違えます(笑)。

100%はありえません。

気持ち的には100%を目指していますが、
やっぱりありえないです。完璧というのは。

方法論、精神論、実践論、
もうキリがないですから。


そして、当然のことながら、
僕は絶対ではないです。


というか、どこにでもいる普通の24歳です。

ただ、自分の知っている限りのことは、


誠心誠意、

時には、熱く
時には、ウザク語ります(笑)。

それだけのことです。


では、行きます。


英語に関してですが、
今だに「裏ワザ」を求めている人。


いい加減に目を覚まして下さい。



基礎練習をバカにして、やたらめったら、
テクニックばかりを身につけることほど、

使えないものはないですからね。


ちょっと頑張って失敗すると、


すぐに何か新しい「ノウハウ」を求めてしまう。
頭の中は、全否定か、全肯定。

これしかない。


いいですか。


英語は、比例のグラフのように
右斜めに一直線!!!

こんなことはまずないですよ。

まずないです。


むしろ、


最初は、殆ど平行線で
横に間延びしているそんな感じ。

ただ、ある一定期間を過ぎていくと、
ジリジリと斜めに伸びていきます。

それから、またある期間を過ぎると
殆ど、垂直のような感じでググッと伸びていきます。


ブレイクスルーが二箇所あるわけです。


英語の基礎体力が身についていれば
この変化はすぐに体感できます。

ただ、そうでない人。

一ヶ月、二ヶ月、もしくは
半年、一年、もしくは何十年。


基礎体力がついていないうちに
無理にあれにもこれにも手を出してしまう。


最初であれば、あるほど


英語は、「戦略」を立てて
キチッと「鉄則」を守ることです。

仮にあなたがあれもこれも手を出しているとしたら
今やるべきでない、言ってしまえば

邪魔なものをドンドン捨てていく力が、要求されます。



では、トモネット英語塾では一体何をやっているのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これまでリアルタイムで実際のフォーラムを
あえてここで見せてきたのは、

少しでもここから、何かしら感じとって
欲しかったからです。

ずっと見てきた人はわかると思いますが、
段々とフォーラムが活性化してきたでしょ?


見るたびに物凄い勢いだったと思います。

何しろ見るたびに経っているスレッドの数が
増えまくっている異常現象。


よくフォーラムを外部の方に見せると


「煽ってる」とひねくれたように、
斜に構えて傍観している方もきっといるとは思いますが、


そのまま傍観しているといいです。

どうかずっとそんな風に思っていてください。


これは塾生にも言っていることですが、


僕は何も無理をしてまで、

トモネット英語塾へ入りなさいと
言っているわけではないです。


ただ、

今、直面している問題、
それを解決するために、

トモネット英語塾という場所で

あなたが抱えている問題が解決するのであれば
もう大いに使い倒してください。

これだけです。


当たり前ですが、


トモネット英語塾には
魔法だとか、30日で英語ベラベラだとか

そんなことは一切やってません。
というかできません(笑)。

やっていることは、地味です。
本当に。

ただ、既に動いている人は、
もうとっくにスタートダッシュをきっている。


それだけです。


僕は、大袈裟でも何でもなく、
英語によってある意味で、自分の未来を切り開きました。


英語のお陰で実現できた夢、

それから夢を実現することで、

初めて見ることができた景色は、
本当に計り知れないです。


自分と同じような経験を一人でも
多くの仲間たちに体感して欲しい。


根本的には僕はただこれだけのために
動いています。


何より楽しいですからね。



まとめると、



・英語を話せるようになるためには、
 絶対的な基礎体力が必要。


・英語に裏技は存在しない。


それから補足ですが、

英語の「鉄則」とは簡単に言えば、
ゴールを設定し、そこから逆算することで

スタート地点を決めて、超明確化すること。

昔から何度も言っていることです。


続きは、この手紙に全部書いてあります。
どうしても分らないことがあれば僕にメールしてください。


ただ、デカデカと書いてあることに対して、
知ってか知らずか堂々と質問をしてくる方。


後から怖いですよ(笑)。


トモネット英語塾

2月、そして3月から、ますます加速します。


→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/





追伸



塾生の皆様へ;
これから入塾される方へ;



トモネット英語塾は間違っても
インターネットだけで完結するような

そんなちっぽけな英語塾ではありません。


というわけで、


3月のどこかで(実は日程はほぼ確定してます。)
塾生限定の懇親会を行います。

人数はできれば少数がいいので、

多い場合はかなり数を限定するかもしれませんが、
そうでもないかもしれません。

それから、

懇親会への参加方法は、
少しだけハードルを設けてありますので、

塾生は今の内に飛び越えておいて下さいね。





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■

 莉愛が生まれて、早一週間経ちました。

 サラは、毎日毎日授乳に追われて、寝る時間が少なくなっています。

 しかし、ヒカルやミヤビのときより、寝てるみたいなので、
 少し安心です。

 莉愛は、寝る子です。(笑)


 また、多くの読者の方から、お祝いのメールをいただきました。

 本当にありがとうございます。

 すべてに目を通してますが、返事はちょっと待ってくださいね。


 落ち着いてから、出します!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください

購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved


絶対あきらめない英語コラム[2007/2/17]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    号外 2007/2/17
___________________________________


★ 第三子がうまれました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第三子がうまれました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


莉愛 スー 斉藤(リア スー サイトウ) 女の子です。(第三子)

西海岸時間  2/16 7:00PM (日本時間 2/17 12:00PM)


サラ、おつかれさまでした


今回も、サラ大串先生(助産婦)の自宅水中出産でした。


今、私の後ろで、三人の助産婦さんが、サラとリアの世話と、
後片づけをしています。


はー、よかった、よかった!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved


絶対あきらめない英語コラム[2007/2/12]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.880 2007/2/12
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part3(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part3(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 3


My mother, who had nine children, kept encouraging me.

"You are at the hardest part," she told me. "Having two such small
babies to care for is more difficult than anything else you'll do. It's
hard to imagine right now, but someday soon they'll grow up. They'll be
able to play together, even to help you with chores and with the littler
ones. They won't need you so much. Then one day after that, you'll turn
around and wonder where they all went to."


She sounded so wistful that I realized how much she missed her days
of taking care of her babies. I had been one of them, and it helped me
realize that my children really would grow up someday.





そして、赤ちゃんで5人目です


9人の子供を育てた私の母は、励まし続けてくれました。


『今が一番大変な時よ』と、母は言いました。 『世話をしなくちゃいけ
ない小さな赤ちゃんが二人いるっていうのは、何にもまして大変なことなのよ。
今はちょっと想像できないかもしれないけど、いつか子供は、すぐに大きくなる
のよ。彼らは、一緒に遊べるようになるし、家事や雑用でさえ手伝ってくれわよ。
彼らはあまりあなたを必要としなくなるわ。そしてある日、後ろを振り向いたら、
あれ、どこに行ったのかしらってことになるわよ。』


母が、切ない気持ちになっていたので、自分の子供達を世話していた日々を
どれだけ懐かしがっているのかが、分かりました。
私は、母の子供の一人であったし、その事で子供たちが本当にいつか成長する
だろうということに気付かされました。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





今日も中西さんから、メールをいただきました。

なかなか含蓄のあるメールですので、
しっかり読んでくださいね!!(笑)

それじゃ、中西さん、よろしくお願い致します。




こんにちは。

中西です。


雲間から光がさして来たので、
久しぶりのトモレポートです。

なんのこっちゃ(笑)。


2007年1月1日より、
トモネット英語塾、塾長に就任しましたが、
(あっ肩書きだけだよ 笑)。

何だかんだでご無沙汰してます。


東京、横浜、長野、大阪と

あっちへ行ったりこっちへ行ったりと
飛び回っているうちに


すっかりお礼を言うのが遅くなってしまいました。


あっ、お礼というのは、少し前に僕がここで紹介した、
「パイロットが教える英語学習法」(2007年版)


コレなんですが、


本当に沢山の方に読んでもらえて、
それだけじゃなくって、


激励や感想のメールまで送ってくれて・・・。


中々、メールの返信が追いつかない中、
本当に本当に励みになりました。


ありがとうございます。


ただ、一方で


「パイロットが教える英語学習法」(2007年版)
って何??


ひょっとしたら、
こう思うかもしれません。


もしそうだとしたら・・・あー大変です。


はい。


実はこっそりサイトごと新しくなって、
URLも既に変わってしまってます(笑)。


あーだこーだ言う前に、
今のうちに読んで見て下さいね。


面倒なので、お知らせするのは、
当分ないと思います(笑)。

http://1eigo-tommonet.com/new_tomoreport.htm


それから、


「購読できないよー。」


こんな場合は、

一時締め切ったということなので、
くれぐれもご了承下さい。

読めないとメールを頂いても


僕は、「ほらね」として
もう言いようがなりありませんので(汗)。

よろしくお願いします。



さて今日は、

トモネット英語塾の一般募集が開始したことと、
現在の塾生の様子を世界一はやく、


そしてリアルタイムでお伝えしようと思います。



それでは、今日も行ってみよー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1.たったのこれだけ。

2.トモネット英語塾、いよいよ

3.おまけ(魔法使い)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1.たったのこれだけ。




人間は、たったのこれだけ。



・耳にしたものは、忘れる。

・目にしたものは、覚える。

・やったことは、理解する。



たった、この3パターン。


つまり、必ずどこかで行動しなければ
結果は伴わないということだ。


これって至極、当たり前のことだけれど、
意識してかどうなのか、


殆どの人がわかった“つもり”になっている。


例えばね、

子供があなたにこんな質問をしたとする。


“ねぇねぇ、F−1”って何だか知ってる?


当然のようにあなたは、


“知っている”


そう答えるよね。


だけど恐らくあなたは、



・F-1とは一体、何の略なのか?
・去年のレースは何回行われたのか?
・去年は誰が優勝したのか?
・レーサーの収入はいくらくらいなのか?



びっくりするくらい、何も知らないと思う。


F−1を知っていると答えたにも関わらず。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


何を持ってして知っていると言えるのか?


これが要するに“わかったつもり”の典型的な
例だよね。

ちょっと大袈裟だけどね。


英語もまったく同じ。


必死になって英語を一所懸命
勉強すれば、いつかきっと英語が話せるようになる。

そう思っている人、


本当に危険です。
~~~~~~~~~~~~~~

いつまで経っても、
思うような結果がついて来ないとしたら、


原因はきっとそこにあるよ。



これだけは言える。


インプットした以上に、

アウトプットしていかなければ、
必ず忘れます。



・やったことは、理解する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



つまり、行動すること。
もっと言えば、「正確」に行動すること。

これが英語の場合は、「鉄則」。


シンプル過ぎて、
信じようとしない人があまりにも多いし、

情報が多すぎるあまり、

もはや何を行動に移したらいいのかも
分らなくなってきている。


これが大問題。


というわけで、トモネット英語塾という
反面、スパルタの場を提供して試してみました。


先行募集という切り口で試してみたけれど
これがまた凄いことになってます。


この結果は、
当然と言えば当然なんだけどさ。


これからが本当に楽しみです。



はい。




2.トモネット英語塾



「これ」と「これ」をまるでガイドラインのような

それこそ段階的、且つ「確実」に実践の場で使える、

そんな「使える英語」をモノにする場所。


オンリーワンのトモネット英語塾。



その実践の場の1つが例えば、このフォーラム。


→ http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-3.htm



見ました?


凄い盛り上がりでしょ?


これが当たり前のように行動できている証拠。
毎日毎日、ガンガン書き込みが来てます。


ここでは、
僕の肩書きは確かに塾長となってはいるけれど、


トモネット英語塾の中では、
そんなことは全くお構いなし(笑)。


僕からの一方的な講座ではなくて、
常にスタッフも全員参加の実践型。



全員 対 全員 のガチンコ勝負。


トモネット英語塾。


インターネット上ですべてが完結すると
思いきや、

これから日本各地で頻繁に行われる懇親会で、
否応なく塾生の殆どが僕と会うことになります(笑)。



トモネット英語塾はリニューアルして、
実はこれからが本格始動です。



ただ、

リニューアルしたとは言っても
塾生の数には、やはり「限り」があります。

塾生の数が多すぎてサポートに手が回らない。
そんなことは絶対にあってはならないので、


今回も少しだけハードルを設けてます。


トモネット英語塾。


これから随時、一斉告知を開始していきます。
ですので、今すぐ読んで見て下さい。


僕が言うのも何ですが、
迷うようならやってみた方が良いですよ。

本当に。


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/



それからアクセスが集中し過ぎたため、
一時、パイロットの音声がブッ飛んでしまいましたが、

ようやく無事に復活しました。


→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/








▽ 今日の塾生の声はこちら

*そのまま原文で載せているので、誤字脱字が
 “よく”あります(笑)。



(ここから)


トモさん、こんばんは。

いつも英語塾でお世話になっています

こき(ペンネームです(^。^))


毎週の英語レポート本当に楽しみにしています。

英語から遠ざかること、かれこれ20年くらいですが
とてもわかりやすく説明してくれるので、

これなら問題なく続けられると思ってます。


まだ、サラさんの音声を聞いても、
DVDを見ても(・・?が多いですが、

それでも毎日少しでも英語に触れていたいと思う
自分がいて、初体験なので、そんな自分にびっくりです(笑)



第3回のトモさんのレポートで、
「最初の一歩が肝心」とありましたが、


ホントにそうだなと思いました。


当たり前のことなのかもしれませんが、

日々の中でけっこう忘れがちなので、
とても新鮮に感じました。


英語以外でも、そんなことに気づかせてくれる
この英語塾に入って本当によかったと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします(^。^)




(ここまで)




3.おまけ



次回は、英語とはあまり関係ないですが、
世にも奇妙な最近、友達になった魔女の話です(笑)。




お楽しみにーーー




ここまで読んで下さって、
本当に本当にありがとうございます。


感謝!!





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 本当に二月なのってくらい、暖かい日々が続いています。


 先週末、ヒカルの誕生日がもうすぐなので、何が欲しいのかを、
 お店に行って一緒に確かめました。

 ヒカルが欲しいのは、トーイング車。故障した車や、駐車違反した車を
 撤去する車です。

 しかし、ヒカルの欲しいものは、ちょくちょく変わるので、
 誕生日までに、何回変わることやら。

 しかし、もうすぐ4歳です。

 そして、このメルマガも、今年で4歳になります!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/2/5]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.878 2007/2/5
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 2


I remember when Miyabi was an infant and Hikaru had just turned two.
It was a difficult time for all of us. When Hikaru was a baby, I could
sleep while he slept, but now I was up all night with Miyabi and then up
all day with him. They almost never slept at the same time, so I was
completely exhausted.


To make things worse, Hikaru missed being the center of attention.
Every time I sat down to nurse his little sister, he would throw a big
tantrum. I encouraged him to sit with us, but he would just scream at me,
or try to push Miyabi off my lap. Sometimes I'd have to put him in his
room and listen to him cry while I nursed her. Sometimes I'd cry too,
because it felt like I could never take care of either of them
as well as I should.


Then they both got sick, which made things even harder. Tomo tried to
come home earlier and help out. His support was deeply appreciated, but
there were still so many things that only I could do. I wasn't sure if
I was going to make it.





ミヤビが乳児で、ヒカルがちょうど二歳になった時の頃を覚えています。
私達全員にとって、難しい時期でした。 ヒカルが赤ちゃんの時は、彼が眠って
いる間に、寝ることができました。しかし今は、ミヤビと一晩中起きていて、
そして昼間中ヒカルと起きていました。彼らは同じ時間にほとんど寝ることが
ありませんでした。それで、私は完全に疲れきっていました。


さらに悪いことには、ヒカルは注目の中心でなくなったことが、さびしかっ
たのです。 私が、彼の小さい妹におっぱいをあげるために座っていた時はいつ
も、彼は大きな癇癪を起こしていました。 彼に私たちと一緒に座るように勧めま
したが、大声を上げるか、あるいは膝からミヤビを離そうとしました。
ミヤビにおっぱいをあげている間に、時々彼を自分の部屋に入れ、彼の鳴き声を
聞かなくてはいけませんでした。 彼らを同じようにキチンと世話をすることが
できないと思うと、時々私も泣いてしまいました。


そして、子供達両方が風邪をひいたときは、もっと大変になりました。
ともは、いつもより早く帰宅し、そして手伝ってくれました。彼のサポートは、
すごくありがたかったです。しかし、私だけができることはまだたくさんありま
した。私は、うまくできるかどうか、自信がありませんでした。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 このごろ、ポートランドはすっかり暖かくなりました。

 もう、春なのでしょうか??


 ところで、今度生まれる子供(女の子)の名前は、リアにする予定です。

 漢字は、利愛、もしくは莉愛にしようと思ってます。

 2/22が予定日です。

 もうすぐです!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/1/29]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.877 2007/1/29
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part2

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 1


I remember when Miyabi was an infant and Hikaru had just turned two.
It was a difficult time for all of us. When Hikaru was a baby, I could
sleep while he slept, but now I was up all night with Miyabi and then up
all day with him. They almost never slept at the same time, so I was
completely exhausted.


To make things worse, Hikaru missed being the center of attention.
Every time I sat down to nurse his little sister, he would throw a big
tantrum. I encouraged him to sit with us, but he would just scream at me,
or try to push Miyabi off my lap. Sometimes I'd have to put him in his
room and listen to him cry while I nursed her. Sometimes I'd cry too,
because it felt like I could never take care of either of them
as well as I should.


Then they both got sick, which made things even harder. Tomo tried to
come home earlier and help out. His support was deeply appreciated, but
there were still so many things that only I could do. I wasn't sure if
I was going to make it.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 この頃、朝出勤する時、結構明るくなってきました。

 昼間の温度も少し暖かいですしね。

 春近しでしょうか???





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/1/27]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.876 2007/1/27
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part1(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part1(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 1


"Mommy, Me and Miyachu are Best Pals!" said Hikaru, running up to
me in the kitchen and pulling Miyabi with him by the hand.

"Right Miyachu?" he asked her.

"Yeah," said his little sister agreeably. She didn't quite
understand what he meant, but it sounded good, and she usually likes to
agree with him.

"That's wonderful," I told him.

Their two little faces beamed up at me, and then Hikaru
turned to Miyabi.

"Let's go play with our Buzz Lightyears," he told her.
"Oooooh! Ok, Chuchu!" she said back, and off they ran.





そして、赤ちゃんで5人目です


『マミー、僕とミヤチュウは、最高の仲間だよね!』と、ヒカルは台所に
いる私に向かって走ってきて、そしてミヤビを引っ張ってきながら言いました。

『そうだよね、ミヤチュウ?』と、ヒカルはミヤビに聞きました。

『ヤー』と、彼の小さな妹は喜んで言いました。 彼女は、彼が何を言って
いるのかあまり分かっていませんでしたが、それはまあ良いでしょうって感じ
で、そして彼女はたいてい彼に同意するのが好きなのです。

『いいわね』と、私は彼に言いました。

彼らの2つの小さな顔が、私に向かって輝いていました。そしてヒカルは、
ミヤビに向きました。

『バズ ライトイヤーで遊ぼう』と、彼は彼女に言いました。

『オー! OK、チュウチュウ』と、娘は返事をし、彼らは走って行きました。




★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html




 昨年末から今年にかけて、新しいプロジェクトを始めました。

 友人の中西さんと一緒に、そしてサラも巻き込みました。(笑)

 その名も、『トモネット英語塾』。

 そのままの名前です。(笑)

 ホント。


 先行販売は、あと数時間で終了します。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 

 ということで、中西さんからこの塾の説明をしてもらいますね。

 それじゃ、中西さん、よろしくお願い致します。




ハイ、中西です。

絶対あきらめない英語コラムの読者の皆さん、

元気に英語勉強してますか???



今月は、28日からちょいと勉強をしに
長野へ行ってきます。


いやーしっかし、ここ最近、
パイロット関係で少しドタバタして来ました。


何で日本の空ってのはこーもややこしいのか、
半分、自暴自棄(ヤケなることね。)になりそう(苦笑)。


ややこしいってのは、
所謂、「法規」ってやつね。


で、

僕がやっているのは、「放棄」ってやつ(笑)。


まま、空の話は僕と浮田さん(←パイロット仲間ね 笑)
以外はきっと退屈だと思うので、そっと置いといて


今日は、夢を実現させるための、


やろうと思えば、だれーにでもできる、
そんな方法をこっそり紹介しようと思います。


英語レポートなのに、
読みようによってはそうでもない(笑)。


いや、それだけじゃなく読み手によっては、
意味不明、或いは「あーなるほど」なと、


恐らく、竹を割ったように
見事にスパッと分かれると思います。


お楽しみに。


それでは、今日も行ってみよーーー♪






3回読んでね。(笑)。








1.僕が次々と夢を達成できるワケ。




長くなるので、いきなり本題(笑)。



僕が次々と夢を達成できるワケ。



実にシンプル。たったのこれだけ。



それは・・・。




誰でも「腹決め」さえすれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分の夢にコミットメントさえすれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


本当に望む夢ってのは、実現可能。
格好よく言えば、「鉄則」ってやつだね。


シンプル イズ べストではなく、
シンプル イズ ホントウニ ベスト(笑)。



ただ、僕自身がそうは言っても、
なっがーい間、まったく信用できなかった張本人。


そんな馬鹿な話があるわけがないって、
そう思ってたよ。マジでさ。


だって、もし腹決めするだけで、
夢を実現することができれば、


不安や愚痴を言う人はいないはずだから。


家から一歩外に出たら、みんな高級車に乗っている。
そんなことって普通はありえないよね。


普通は。


だから、



誰でも「腹決め」さえすれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分の夢にコミットメントさえすれば、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


夢を実現させることは、可能であるっていう
そんな意味不明な定義を、


僕は真っ向から嘘だって否定しようと思った。


でも、今こうして振り返ってみると、
実体験を持って、僕は体感することができた。



・サッカーの世界で、
・パイロットの世界で、
・英語の世界で、
・インターネットの世界で、




そして、こうも思った。



「あーなるほど。そういうことか。」と。


本で読んだこと、
セミナーで聞いたこと、
上司から聞いた話、
自分が勉強したこと、



これが実のところ、
ただ単に知識を入れているだけだったということ。


英語の本を読んだり、

教材を買っては止めて買っては止めての繰り返し。

そんな人が「やっているつもり、勉強しているつもり」
になるのは要するにこういうことね。


ただ、闇雲に知識の詰め込みをしているだけ。



それから、


やる気が下がったり、
モチベーションを継続できなかったり、
3日坊主で終わってしまったりと、



これもまったく同じ原則原理なんだということが
よくやく自分の言葉として最近、


スッと腑に落ちたんだよね。


至極、カンタンに言えば


行動に移さなければ、
インプットしたものをアウトプットしなければ、

自分が得た「つもり」の知識や感情は
あっという間に自分のナカで腐ってしまうということ。



例えるならば、みかん。


自分の体のナカにある沢山のみかん。


いちばん底にあるみかんを外に出さなかった
ばっかりに腐ってしまう。


で、「待ってました!」とでも言わんばかりに、
他のみかんも次々と腐っていく。


イメージとしてはこんな感じ。

わかるかな。


だから、僕の英語教材を購入した人は
極端2パターンに分かれる。


望んだ結果を出した人と
望んだ結果を出さなかった人。


出なかったのではなく、出さなかった人ね。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


この2パターンだけ。


それから、


僕ののレポートを毎回、
ただ何となく読んでいる人。


情報を知れば、もうその「価値」が分ったような
気になってしまっている人。


甘いよね。


誰かが、

もしかしたら何年もの経験を通して得たことを
あなたに必死で語っているのに、


それをただの一度聞いただけで、いいとか悪いとか、
使える使えないとか判断してしまう、そんな人。





欧米かっ!!(笑)。





なーんて冗談はいいとして、


あー、本当に頭のいい人がいっぱいいるんだなと
最近、僕はそんなことをつくづく痛感してます。


帰国してからは特にそう。


今は、インターネットを使って、
欲しい情報がパッと手に入るそんな時代。


これからますますその傾向は加速していくし、
ますます情報はカンタンに手に入る時代になっていくよね。


うん。


それから、「速読」。


どれだけ速く本を読めるかが、
アタマのいい証拠だと信じている人がこれまた多いよね。


アメリカでもそんなヤツは沢山いたよ。


時間をかけずにさらっと一度読んで、
目の前の情報を吸収して、


後はおきまりのように、
オークションやら古本屋に売りに走る。


で、その売ったお金でまた他の本を買う。


別に「速読」することが良いとか悪いとか
そんな低次元の話じゃなくて、


そんなふうにかき集めの情報で、
いったい何をしようというのか、


はっきり言って僕にはまったく意味不明。


例えばさ、


好きな人からラブレターを
あなたがもらったとして、


それを、「速読」で読みますか?


普通、繰り返し繰り返し読むでしょう?



と、


ここまで読んでいるあなたは、
きっとこう思うはず。



「お前はいったい何が言いたいのか?」
「アメリカに行って、とうとう狂ってしまったのか?」と。



僕はいったいこのレポートで何を伝えしたいのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


正直に言います。


僕はこれからあなたに、
ラブレターを渡したいんです。


それは、もう熱烈で強烈な一枚を。


これからあなたにお伝えする“この手紙”が
あなたが情報を得るためだけに手に取ったならば・・・


きっと、それは熱も持たない紙切れのように
スッと風に吹かれて飛んでいってしまうだけ。


120%間違いなくね。

いや、200%間違いない。



でも、

あなたが、何かを必死で伝えたいと思っている
ここでは伝えきれない僕の魂を感じ取ってくれるために、



今から紹介する僕からの“手紙”を
真剣に読んでくれるのであれば・・・。



きっと、分ると思います。
きっと、何かがカチッと音を立てると思います。



ただ・・・。



この手紙を読むことができるのは、
今から残り、たったの「1日」だけです。


明日には、もう跡形もなく
もう聞くことも、読むことさえもできません。


文字通り、何もすることはできません。


残念ながら。



僕は、2007年はまったく新しいステージで、


これまで誰も予想だにしなかった、
そんな場所に行きます。


英語だってそう。


だから今、目の前にいるあなたに、僕が本当に
お伝えしたいことが届けばなーと思います。


煽りでも何でもなく、
この“手紙”は明日で跡形もなく“消えます”。


だから、


いますぐにこの手紙を最後まで読んで見て下さい。


いよいよ最終、先行募集枠をクローズします。
残り、あと数時間。

→ http://1eigo-tommonet.com/senkou-juku

  





僕からのラブレターを受け取った仲間たち


▽ 証拠画面

http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-1.htm





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

ヒカルとミヤビのおもちゃです 絶対あきらめない英語コラム[2007/1/15]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 ヒカルとミヤビのおもちゃです。

 このおもちゃ、何か知ってますか???


                              とも斉藤


buzz.jpg


___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.875 2007/1/15
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part1

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part1
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 1


"Mommy, Me and Miyachu are Best Pals!" said Hikaru, running up to
me in the kitchen and pulling Miyabi with him by the hand.

"Right Miyachu?" he asked her.

"Yeah," said his little sister agreeably. She didn't quite
understand what he meant, but it sounded good, and she usually likes to
agree with him.

"That's wonderful," I told him.

Their two little faces beamed up at me, and then Hikaru
turned to Miyabi.

"Let's go play with our Buzz Lightyears," he told her.
"Oooooh! Ok, Chuchu!" she said back, and off they ran.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html




あなたは、どれくらい友人とメールのやり取りをしてますか??

私は、ある人と900通以上のメールを交わしています。

両親とより多いです。(笑)

(たぶん、二月には1000通を超えるでしょう。)

その人の名は、中西智裕さん、

その一番メールを交わしている中西さんから、

あなたにメッセージがありますので、ここで紹介しますね。






こんにちは。

恐らくは「はじめまして」と言った方が正しいかもしれないです。


というわけで、最初に僕の簡単な自己紹介をさせて下さい。

名前は、中西 智裕といいます。

18歳までは名古屋グランパスというところでサッカーの
ユース選手として活躍していました。

(よく偽名だとか何とかというメールが来ますが、
 正真正銘の実名です。このメールの最後に僕の顔が出ます 笑)。


僕は2006年の3月に大学を卒業して、

2006年の7月から12月に掛けてアメリカでパイロットの
訓練をしておりました。

それから2006年12月27日の慌しい中、
パイロットの訓練を終え、凱旋帰国したというわけです。

現在は、約3万人の方へ
英語メルマガを配信したり、アドバイス等をしています。

海外経験は、20歳の頃に
ニュージーランドのクライストチャーチに1年。

アメリカはフロリダ州にあるクリスタルリバーに3ヶ月。
サンディエゴのエル カジョンに2ヶ月いました。


と、ざっと箇条書きにするとこんな具合です。


いや、ざっと箇条書きにしないと、恐らくワード形式で
30ページくらいになってしまいますので、

これくらいで止めておきます。(本当にです 笑)。


それくらい波乱万丈の人生を歩んでいたわけですが、
年齢は24歳の独身男です(笑)。


で、今日はなんでこうしてメールを
“あなた”にお届けしているのかということ、


・英語が聴けるようになる。
・英語が話せるようになる。


この2つを実現可能にするための
言ってしまえば


「段階的な英語学習法」をどうしてもお伝えしたいと
思ったからなんです。


「段階的」というのは、例えば英語がまったく初心者の方でも、
ステップ形式で確実に英語力を伸ばしていく。


そんなガイドラインのような英語学習法のことです。


このあたりのことは、僕がパイロットの訓練時代に書いた
レポートに96%のことは網羅して既にお伝えしました。

(グーグルで「パイロット レポート」と検索すると出てきます。)


よかったら参考にしてみてください。





2.英語は誰でも話せるようになるのか?


答えは、Noです。

誤解を恐れずに言うと、


英語が話せるようになったら良いなぁ〜系の
他力本願的なメンタリティーの人に、

いくら何を言ってもムダなわけです。


だって、いくら僕がアドヴァイスをしても

「忙しいから、才能がないから」

お決まりの「できない理由」のオンパレード状態だから。


正に、

できない理由を挙げることで自分の現状を正当化するわけですね。


これがお決まりのよくあるパターン。


だから、この類の人種は、恐らく英語云々というよりも、
メンタリティーの問題の方がウエイトが大きいので、


答えはNoになってしまう。


だから、英語は誰でも話せるようになるのか?


という問いかけは、No。

でも、NoをYesに変えることはできる。(どっちや 笑)。


どうするかというと、

英語が嫌でも話せるようになる環境を作り出すこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この身を置く環境(場所)さえ間違っていなければ、


英語は誰でも話せるようになるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この答えに対して、Noが一遍してYesに変わる。


嘘のような本当に話。


・いくら、英語の本を読みあさっても、
・1人で必死になって勉強しても、
・毎日毎日、英語を聴き続けても、


思うような英語力が手に入らないのは、

段階的な英語学習法、もしくは、
英語が話せるようになるための“環境”に

自分自身が身を置いていないから。


僕が英語力まったくゼロ、いやマイナス状態から
スタートして(バリバリの体育会系でしたので 笑)、

ニュージーランドへの留学を実現させて、
アメリカでパイロットになることの夢を実現させてしまった、

さらには、

英語学習者、3万人の方にアドヴァイスする
立場となってしまった。


そのヒミツを知りたくないですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残りあとわずかとなりましたが、
この手紙は上から下まで読んでおいてください。


http://1eigo-tommonet.com/senkou-juku

(あと数日で、サイトごと消えます。)






追伸

胡散臭いなと思ったあなたへ(笑)。


いつでも、ご意見、ご感想、質問メールをお待ちしております。

→ succeed_nz@yahoo.co.jp



それでも、まだ胡散臭いと思ったあなたへ(笑)。


これが僕と一緒に英語に取り組んでいる志の高い仲間たちです。


(証拠画面)

こんな人たち

→ http://1eigo-tommonet.com/nyukai2007-1.htm


現在のフォーラム(掲示板)はこんな具合。

→ http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-1.htm





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 これ、トイストーリー(映画)の中に出てくる、バズ ライトイアーです。

 スーパーヒーローではなく、ちょっと天然が入っている、にくめない
 ヒーローです。

 しかし、ヒカルもミヤビも大好きなのです。

 それで、サラは同じおもちゃを二人に買いました。

 ちなみに、バズの足に、それぞれの名前が書いてあります。(笑)





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

今週のクイズの答えです 絶対あきらめない英語コラム[2007/1/14]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
------------------------------------  http://www.zettai.biz/  -----


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 今週のクイズの答えです。

 冗談ですよ!!!


                              とも斉藤


rocket2007.jpg


___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.874 2007/1/14
___________________________________


★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part13(最終話 翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part13(最終話 翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回のコラムでは、サラの日記の一部を公開します!!!


 日記の時期は、サラが日本で英語を教えていた90年代です。

 サラは、日本で日々何を考えて行動していたのでしょうか???


 また、英語の日記って、このように書くのです。

 どうです、自分でも書けそうな感じでしょ!!!





 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





Journal Entries from Japan

Part 13

August 23 1994


The directions on the map were actually very good. We went through
three lights, past a shrine, and then took a right turn into the potato
fields. It took a long time to get through them, and big "JAGAIMO" signs
kept popping up over and over again in the dark.


Finally we passed a school on the right and came to a sub-town of
the town, which did indeed have a train station! We passed it and turned
left twice before finally arriving at the youth hostel. Countless faces
peered out at us from the windows, many of them children. Perhaps they
had all been wondering if those gaijin were EVER going to find their way
in from the train station.





日本見聞記

1994年8月23日


実は、地図に書いてある方向は、正しかったです。 三つの信号を超え、
神社を通り過ぎ、そしてジャガイモ畑を右に曲がりました。そこを通り過ぎるの
に、結構時間がかかりました。そして、大きな『ジャガイモ』の看板が何度も
何度も暗闇の中で突然現われました。


最後に、右にある学校を通過して、町の集落に着きました。実はそこには、
鉄道の駅がありました! それを超え、最後にユースホステルに着く前に、2度左に
曲がりました。 数えられないくらい多くの顔が、私たちを見るために窓越しに出
てきました。彼らの多くは、子供たちでした。 多分彼ら全員は、私達外人が、
駅からここまでキチンとたどり着けるかどうかとずっと気になっていたでしょう。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/24745539.html


ポッドキャスティングのマニュアル
http://www.zettai.biz/podcasting_how2.htm


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html




あなたは、どれくらい友人とメールのやり取りをしてますか??

私は、ある人と900通以上のメールを交わしています。

両親とより多いです。(笑)

(たぶん、二月には1000通を超えるでしょう。)

その人の名は、中西智裕さん、

その一番メールを交わしている中西さんから、

あなたにメッセージがありますので、ここで紹介しますね。






こんにちは。

恐らくは「はじめまして」と言った方が正しいかもしれないです。


というわけで、最初に僕の簡単な自己紹介をさせて下さい。

名前は、中西 智裕といいます。

18歳までは名古屋グランパスというところでサッカーの
ユース選手として活躍していました。

(よく偽名だとか何とかというメールが来ますが、
 正真正銘の実名です。このメールの最後に僕の顔が出ます 笑)。


僕は2006年の3月に大学を卒業して、

2006年の7月から12月に掛けてアメリカでパイロットの
訓練をしておりました。

それから2006年12月27日の慌しい中、
パイロットの訓練を終え、凱旋帰国したというわけです。

現在は、約3万人の方へ
英語メルマガを配信したり、アドバイス等をしています。

海外経験は、20歳の頃に
ニュージーランドのクライストチャーチに1年。

アメリカはフロリダ州にあるクリスタルリバーに3ヶ月。
サンディエゴのエル カジョンに2ヶ月いました。


と、ざっと箇条書きにするとこんな具合です。


いや、ざっと箇条書きにしないと、恐らくワード形式で
30ページくらいになってしまいますので、

これくらいで止めておきます。(本当にです 笑)。


それくらい波乱万丈の人生を歩んでいたわけですが、
年齢は24歳の独身男です(笑)。


で、今日はなんでこうしてメールを
“あなた”にお届けしているのかということ、


・英語が聴けるようになる。
・英語が話せるようになる。


この2つを実現可能にするための
言ってしまえば


「段階的な英語学習法」をどうしてもお伝えしたいと
思ったからなんです。


「段階的」というのは、例えば英語がまったく初心者の方でも、
ステップ形式で確実に英語力を伸ばしていく。


そんなガイドラインのような英語学習法のことです。


このあたりのことは、僕がパイロットの訓練時代に書いた
レポートに96%のことは網羅して既にお伝えしました。

(グーグルで「パイロット レポート」と検索すると出てきます。)


よかったら参考にしてみてください。





2.英語は誰でも話せるようになるのか?


答えは、Noです。

誤解を恐れずに言うと、


英語が話せるようになったら良いなぁ〜系の
他力本願的なメンタリティーの人に、

いくら何を言ってもムダなわけです。


だって、いくら僕がアドヴァイスをしても

「忙しいから、才能がないから」

お決まりの「できない理由」のオンパレード状態だから。


正に、

できない理由を挙げることで自分の現状を正当化するわけですね。


これがお決まりのよくあるパターン。


だから、この類の人種は、恐らく英語云々というよりも、
メンタリティーの問題の方がウエイトが大きいので、


答えはNoになってしまう。


だから、英語は誰でも話せるようになるのか?


という問いかけは、No。

でも、NoをYesに変えることはできる。(どっちや 笑)。


どうするかというと、

英語が嫌でも話せるようになる環境を作り出すこと。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この身を置く環境(場所)さえ間違っていなければ、


英語は誰でも話せるようになるのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この答えに対して、Noが一遍してYesに変わる。


嘘のような本当に話。


・いくら、英語の本を読みあさっても、
・1人で必死になって勉強しても、
・毎日毎日、英語を聴き続けても、


思うような英語力が手に入らないのは、

段階的な英語学習法、もしくは、
英語が話せるようになるための“環境”に

自分自身が身を置いていないから。


僕が英語力まったくゼロ、いやマイナス状態から
スタートして(バリバリの体育会系でしたので 笑)、

ニュージーランドへの留学を実現させて、
アメリカでパイロットになることの夢を実現させてしまった、

さらには、

英語学習者、3万人の方にアドヴァイスする
立場となってしまった。


そのヒミツを知りたくないですか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

残りあとわずかとなりましたが、
この手紙は上から下まで読んでおいてください。


http://1eigo-tommonet.com/senkou-juku

(あと数日で、サイトごと消えます。)






追伸

胡散臭いなと思ったあなたへ(笑)。


いつでも、ご意見、ご感想、質問メールをお待ちしております。

→ succeed_nz@yahoo.co.jp



それでも、まだ胡散臭いと思ったあなたへ(笑)。


これが僕と一緒に英語に取り組んでいる志の高い仲間たちです。


(証拠画面)

こんな人たち

→ http://1eigo-tommonet.com/nyukai2007-1.htm


現在のフォーラム(掲示板)はこんな具合。

→ http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-1.htm





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 サラが妊娠をしていると書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。

 あなたも、サラに書いて欲しいことなど、興味のある事柄を
 サラにメールで教えてください。

 どんなことが興味があるのか、私達も知りたいですし、
 それに沿ってコラムも書いていきたいと思います。

 よろしくお願い致します。





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


★"絶対あきらめない英語コラム"では相互紹介してくれる方を募集しています。
また、ホームページの方も相互リンクを募集しています。
http://www.zettai.biz


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → tomo@zettai.biz
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm
http://www.zettai.biz

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) tomo@zettai.biz
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

クイズ/この改造車のガソリン吸入口の上には 絶対あきらめない英語コラム[2007/1/8]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
------------------------------------  http://www.zettai.biz/  -----


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 今年初のクイズです。(冗談のクイズです)

 この改造車のガソリン吸入口の上には、何と書いてあるのでしょうか?


                              とも斉藤


car2007.jpg


___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.873 2007/1/8
___________________________________


★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part13

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part13
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回のコラムでは、サラの日記の一部を公開します!!!


 日記の時期は、サラが日本で英語を教えていた90年代です。

 サラは、日本で日々何を考えて行動していたのでしょうか???


 また、英語の日記って、このように書くのです。

 どうです、自分でも書けそうな感じでしょ!!!





 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





Journal Entries from Japan

Part 13

August 23 1994


The directions on the map were actually very good. We went through
three lights, past a shrine, and then took a right turn into the potato
fields. It took a long time to get through them, and big "JAGAIMO" signs
kept popping up over and over again in the dark.


Finally we passed a school on the right and came to a sub-town of
the town, which did indeed have a train station! We passed it and turned
left twice before finally arriving at the youth hostel. Countless faces
peered out at us from the windows, many of them children. Perhaps they
had all been wondering if those gaijin were EVER going to find their way
in from the train station.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/24745539.html


ポッドキャスティングのマニュアル
http://www.zettai.biz/podcasting_how2.htm


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


みなさん、あけましておめでとうございます。

 今年も、よろしくお願い致します。

 といっても、もうすでに1/8、成人の日ですね。


 私は、成人の日の式典に参加していません。住民票が実家だったので、
 東京都 小金井市の式に参加できなかったのです。

 もし参加できたとしても、興味が無かったので、参加しなかったでしょうね。
 
 その代わり、近所の行きつけの飲み屋で仲間と一緒に飲みました。(笑)
 


 ところで、サラは今妊娠しています。

 予定は、二月下旬です。

 女の子の予定です。

 ミヤビは、お姉ちゃんになり、
 我が家は、またにぎやかになりそうです!!!

 (今でも十分うるさいのに。(笑)





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


★"絶対あきらめない英語コラム"では相互紹介してくれる方を募集しています。
また、ホームページの方も相互リンクを募集しています。
http://www.zettai.biz


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → tomo@zettai.biz
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm
http://www.zettai.biz

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) tomo@zettai.biz
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

ミヤビが、二歳になりました 絶対あきらめない英語コラム[2006/12/31]


パイロットが教えるステップ英語レポート 

http://tommonet.com/eigo-report
無料 レポート


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
------------------------------------  http://www.zettai.biz/  -----


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 ミヤビが、二歳になりました!!!


                              とも斉藤


miyabi2006.jpg


___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.872 2006/12/31
___________________________________


★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part12(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part12(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回のコラムでは、サラの日記の一部を公開します!!!


 日記の時期は、サラが日本で英語を教えていた90年代です。

 サラは、日本で日々何を考えて行動していたのでしょうか???


 また、英語の日記って、このように書くのです。

 どうです、自分でも書けそうな感じでしょ!!!





 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





Journal Entries from Japan

Part 12

August 23 1994


I was busy showing H the map when we looked up and saw the drunk man
coming out the door. He was being followed by nearly everyone else
in the shop.

"Go! Go!", I said to H.

"But where?!" she said, starting the car and putting it in reverse.

"Anywhere!," I said, "Just go!"


She couldn't reverse directly out, as there was a big pole behind
us, but soon we could bow politely to everyone from the car and be off.





日本見聞記

1994年8月23日


   私は、地図をHに見せている間に、上を向いたら、酔った男性がドアから
外へ出るのを見ました。彼は、店の中にいたほとんどの人達を引き連れて出て
来ました。


   『行って、行って!』と、私がHに言いました。

   『どこに行くのよ?!』と、彼女が言い、エンジンをかけ、ギアをバックに
入れました。

   『どこでもいいのよ!』、『今すぐ!』


私たちの後ろに大きな標識があったので、Hは直接バックできませんでし
た。しかし、すぐに車の中から丁寧にお辞儀をして、この場を立ち去りました。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/24745539.html


ポッドキャスティングのマニュアル
http://www.zettai.biz/podcasting_how2.htm


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


ミヤビが、12月28日で満二歳になりました。

 ミヤビが誕生した日のメルマガ、覚えていますか??

 2004年12月28日、あまりにもうれしくて、速報を出したのです。

 あれから、早二年、ミヤビも大きくなりました。


 ところで、今日のコラムで、今年は最後です。

 皆さんの一年は、いかがでしたでしょうか??


 来年も、引き続きよろしくお願い致します。





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


★"絶対あきらめない英語コラム"では相互紹介してくれる方を募集しています。
また、ホームページの方も相互リンクを募集しています。
http://www.zettai.biz


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → tomo@zettai.biz
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm
http://www.zettai.biz

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) tomo@zettai.biz
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

鼻かみ?絶対あきらめない英語コラム[2006/12/26]


パイロットが教えるステップ英語レポート 

http://tommonet.com/eigo-report
無料 レポート


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
------------------------------------  http://www.zettai.biz/  -----


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 鼻かみ??????


                              とも斉藤


sniff.jpg


___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.871 2006/12/26
___________________________________


★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part12

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part12
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回のコラムでは、サラの日記の一部を公開します!!!


 日記の時期は、サラが日本で英語を教えていた90年代です。

 サラは、日本で日々何を考えて行動していたのでしょうか???


 また、英語の日記って、このように書くのです。

 どうです、自分でも書けそうな感じでしょ!!!





 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





Journal Entries from Japan

Part 12

August 23 1994


I was busy showing H the map when we looked up and saw the drunk man
coming out the door. He was being followed by nearly everyone else
in the shop.

"Go! Go!", I said to H.

"But where?!" she said, starting the car and putting it in reverse.

"Anywhere!," I said, "Just go!"


She couldn't reverse directly out, as there was a big pole behind
us, but soon we could bow politely to everyone from the car and be off.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/24745539.html


ポッドキャスティングのマニュアル
http://www.zettai.biz/podcasting_how2.htm


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


アメリカでは、ポケットティッシュはあまり使われません。

 ということで、日本製のポケットティッシュです。


 キティのキャラクターが、アメリカ人の女の子の気を引くでしょ!!(笑)





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


★"絶対あきらめない英語コラム"では相互紹介してくれる方を募集しています。
また、ホームページの方も相互リンクを募集しています。
http://www.zettai.biz


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → tomo@zettai.biz
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm
http://www.zettai.biz

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) tomo@zettai.biz
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

我が家のクリスマスツリー 絶対あきらめない英語コラム[2006/12/25]


パイロットが教えるステップ英語レポート 

http://tommonet.com/eigo-report
無料 レポート


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
------------------------------------  http://www.zettai.biz/  -----


□■― 編集前記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 我が家のクリスマスツリーです。


                              とも斉藤


xmas2006.jpg



___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.870 2006/12/25
___________________________________


★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part11(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第124話  Journal Entries from Japan   Part11(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今回のコラムでは、サラの日記の一部を公開します!!!


 日記の時期は、サラが日本で英語を教えていた90年代です。

 サラは、日本で日々何を考えて行動していたのでしょうか???


 また、英語の日記って、このように書くのです。

 どうです、自分でも書けそうな感じでしょ!!!





 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





Journal Entries from Japan

Part 11

August 23 1994


A motherly looking clerk called a younger woman over to make a map
for us. Our questions attracted the attention of the store manager, who
came over to watch and tell the woman how perfectly terrible her map was.
Thankfully she kept drawing, and soon she gave me something that looked
fairly decent to follow.


We had attracted a small crowd of curious customers as I clutched the
map and thanked the girl for her help. I was moving toward the door as a
short, very drunk older man came up to me.


"I Hepu you," he said, grinning. His breath reeked, and I was sure
we didn't want his help.


"No thank you!," I said very hastily, and bowed to everyone. They
laughed, in a nice way, as I quickly escaped outside to join H in the car.





お母さんぽい事務員さんが、私達のために地図を作るよう、若い女性を呼び
ました。私達の質問が、お店のマネージャーの注意を引いたので、こちらに来て、
地図を見て、それが本当にひどい地図であると彼女に言いました。
ありがたいことに、彼女は地図を描き続け、かなりキチンとした物を、すぐに
私にくれました。


私が、地図を手に入れて、少女に感謝をした時、野次馬の注意を引いていま
した。 背が低く、非常に酔っ払ったおじさんが私に近寄った時、私はドアの方に
向かっていました。


『アイ ヘルプ ユー』と、彼はニヤニヤしながら言いました。彼の口臭は
ひどく、彼の手助けが必要ないと思いました。


『結構です!』と、慌てて言い、お辞儀をしました。私が、車の中で待って
いるHに合流するために、急いで外に逃げ出した時、他のお客はそれを見て
微笑んでいました。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/24745539.html


ポッドキャスティングのマニュアル
http://www.zettai.biz/podcasting_how2.htm


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


今年も、我が家のクリスマスツリーの下には、たくさんのプレゼントが
 あります。

 12/25の早朝に、家族全員でアンラッピングします。

 ヒカルもミヤビも、大興奮になるでしょう!!!


 また、先週のクイズの答えは、
 『恵まれない子供達へのクリスマスプレゼントの寄付』でした。

 孤児院や母子家庭などの子供達へ、プレゼントの寄付を募っているのです。

 カード一枚一枚に、子供の名前と、希望するプレゼントが書いてあります。

 この様なツリーは、ショッピングモールや、大手のチェーンストアに
 置いてあります。



 そして、先週の翻訳の件で、ある読者の方から指摘を受けました。

 We got to Koshimizu but couldn't find Shari.の Koshimizu は 輿水では
 なくて 小清水 のことではないでしょうか。

 また駅の名前でしたら 浜小清水と言うのがありますが、このことでしょうか。


 はい、その通りです。

 ご指摘、ありがとうございます。

 
 これからも、気が付きましたら、いつでもメールください!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


★"絶対あきらめない英語コラム"では相互紹介してくれる方を募集しています。
また、ホームページの方も相互リンクを募集しています。
http://www.zettai.biz


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → tomo@zettai.biz
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm
http://www.zettai.biz

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) tomo@zettai.biz
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。