絶対あきらめない英語コラム[2007/3/18]


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.885 2007/3/18
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part6

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 6


Near the end of February, a baby girl will join our family.
I'll get to find out if what my mother said was true, that
three children is actually easier than two.


Both Hikaru and Miyabi are already looking forward to having a
little sister. They both understand that she's in my stomach and that
one day soon she'll come out to play.


Recently, they sat down on either side of me on the sofa.

"Kiss baby," said Miyabi, and she planted a big one on my huge belly.
"It's my turn!" said Hikaru. "I'll give Lea Sue my hug!"


He reached over, put both arms around my stomach and squeezed
as hard as he could.





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


ポートランドは、桜の花が満開です。

やはり、春っていいですよね。

うきうきですよ!!!


ところで、
今回初めて、梅と桜の違いが分かりました。

現在の分類基準では、梅と桜は同じ種(しゅ)なのです。

ですので、ほんと似てますよね。

一般的な違いは、梅は枝から直接花が咲き、
桜は、枝から軸をだして花を咲かせます。


うー、あまり今まで意識して見て無かったです。


ところで今、中西さんと一緒にトモネット英語塾をやっています。

というか、もうホント楽しんでいます。


ということで、中西さんのメールを読んでみてくださいね。

テーマは、「考える」ということについて。

今日はそんな話。

きっと分かる人には、
凄く良く分かると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1. 考えるということ

2. トモネット英語塾

3. 追伸


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■ 考えるということ


誤解を恐れずに、はっきり言いますが、
僕は「考える」ということをあまりしません。



「お前はアホか!!」



こんな声が聞こえてきそうですが、
本当のことだから仕方がない。

いや、厳密に言えば考えないようにしていると
言った方がいいのかな。


それも、意図的に。


ここはちょっとゆっくり読んでみて
欲しいんだけど、



例えば、英語が話せるようになりたいとする。

こんな場合、

僕も含めて人間ってのは、いかんせん

過去の経験をベースにして、
今、目の前にある物事を、

自分がこれまで経験してきた中で最も
近い物事と限りなく近づけて考える習性がある。


ちょっと難しいかな?


これは良い。(だって、過去に良かったから)
これは駄目。(だって、過去に駄目だったから)
これは危険だ!!(だって、過去に大怪我したから)
これは美味しい!!(だって、過去に美味しかったから)



こんな具合ね。


赤ちゃんと大人で考えてみれば、
これなんかはもう一目瞭然。


これは人間である以上、
もうどうしようもない事実。


だから、英「会話」で考えてみた場合、

学校で習った英語教育をベースにして、
やっぱり英「会話」を“勉強”しようと思うわけ。


だって、過去に英語を“そう”して習って来たから。


学校教育で文法が大事だよ、と、
今まで習ってきた経験を元にして

考えて行動するというわけだ。


英語が話せるようになりたいのに、

まずは、英文法が大事だと何の疑いもなく
英文法から入っていく。


別にこれが悪いって言っているわけじゃないよ。


ただ、英「会話」を何とかしたければ、
話す練習をすればいいのにね。



これが僕が言っている、

「考えない」ということ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これが良いとか悪いとか、
そういうことではなくて、

今までやったことがない分野のことを
いくら過去の経験をベースにして考えて見たところで


実際のところはよくわからない。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


だから、
僕は「考えない」と言っているだけです。


じゃあ、どうするのか?


聞けばいい。


英語が話せるようになりたければ、
実際に英語を話せるように「なった人」に聞く。


こんなことは、
小学生でもわかってる。


同じ行動を起こしていても、
結果が大きく違ってくるのは、こんなちょっとした

「考え方」がもろに影響してくる。

本当だよ。




■第二ステップ

普通の英語学習とは、

ものの見事に180度逆のことを
やっている、トモネット英語塾ですが、


第二ステップに突入しました!!



一体何をやっているのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これについて、いくつか質問メールを
頂きましたので、お答えしておきます。


第一ステップで最低限の
英語基礎体力を付け、


第二ステップとして、はじめて
英語を音として聴けるようになるために、

英語発音の段階に入ったという、
ただ、それだけです。


言ってしまえば、
スポンジ生成段階(笑)。


なぜ、第一ステップで英語発音を
やらなかったのか?

これは、話すと“短い”ので止めておきます(笑)。


・今まで英語で“挫折”したことがあるのであれば、
・今まで英語で“悩んだ”ことがあるのであれば、


そんなところで、挫折したり悩んだり
する必要のない環境に飛ぶ込めば良いだけのことです。


言っておきますが、


英語は楽しいものです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

英語が楽しいだけじゃ何だかつまらないし、
歯ごたえがないから、難しくしているのは、

他でもない、あなた“かも”しれません。


楽しく、そして限りなく実践に近い英語を
最短でモノにできる英語“楽”習道場、

トモネット英語塾。


こんな具合です。

http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-3-2.htm



こんなのはやらせだーと、そう思うのであれば、
それはそれで大いに結構です。


塾生の声を追加しておきましたので、
参考にしてみてください。


http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/



できるか、できないかではなく、
やるかやらないか?



そういうこと。







追伸



僕もそうだったのですが、

英語に悩んだり、挫折したり
苦労したり、劣等感があったり


こんな実体験があればある程、


実は、英語ってのは伸びやすいのかなと
思います。経験上。

http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。