絶対あきらめない英語コラム[2007/2/5]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.878 2007/2/5
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 2


I remember when Miyabi was an infant and Hikaru had just turned two.
It was a difficult time for all of us. When Hikaru was a baby, I could
sleep while he slept, but now I was up all night with Miyabi and then up
all day with him. They almost never slept at the same time, so I was
completely exhausted.


To make things worse, Hikaru missed being the center of attention.
Every time I sat down to nurse his little sister, he would throw a big
tantrum. I encouraged him to sit with us, but he would just scream at me,
or try to push Miyabi off my lap. Sometimes I'd have to put him in his
room and listen to him cry while I nursed her. Sometimes I'd cry too,
because it felt like I could never take care of either of them
as well as I should.


Then they both got sick, which made things even harder. Tomo tried to
come home earlier and help out. His support was deeply appreciated, but
there were still so many things that only I could do. I wasn't sure if
I was going to make it.





ミヤビが乳児で、ヒカルがちょうど二歳になった時の頃を覚えています。
私達全員にとって、難しい時期でした。 ヒカルが赤ちゃんの時は、彼が眠って
いる間に、寝ることができました。しかし今は、ミヤビと一晩中起きていて、
そして昼間中ヒカルと起きていました。彼らは同じ時間にほとんど寝ることが
ありませんでした。それで、私は完全に疲れきっていました。


さらに悪いことには、ヒカルは注目の中心でなくなったことが、さびしかっ
たのです。 私が、彼の小さい妹におっぱいをあげるために座っていた時はいつ
も、彼は大きな癇癪を起こしていました。 彼に私たちと一緒に座るように勧めま
したが、大声を上げるか、あるいは膝からミヤビを離そうとしました。
ミヤビにおっぱいをあげている間に、時々彼を自分の部屋に入れ、彼の鳴き声を
聞かなくてはいけませんでした。 彼らを同じようにキチンと世話をすることが
できないと思うと、時々私も泣いてしまいました。


そして、子供達両方が風邪をひいたときは、もっと大変になりました。
ともは、いつもより早く帰宅し、そして手伝ってくれました。彼のサポートは、
すごくありがたかったです。しかし、私だけができることはまだたくさんありま
した。私は、うまくできるかどうか、自信がありませんでした。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 このごろ、ポートランドはすっかり暖かくなりました。

 もう、春なのでしょうか??


 ところで、今度生まれる子供(女の子)の名前は、リアにする予定です。

 漢字は、利愛、もしくは莉愛にしようと思ってます。

 2/22が予定日です。

 もうすぐです!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。