絶対あきらめない英語コラム[2007/2/26]

---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.881 2007/2/26
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part4

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 4


Things did get better. Hikaru stopped trying to attack his little
sister and started ignoring her instead. When she started to crawl and
smile at him, he finally softened, saying how cute she was and sharing
some of his toys with her every so often.


Miyabi began to sleep through the night much earlier than Hikaru
had. From about six months old, she also wanted to sit and eat dinner
with us. Hikaru had been very picky, but she wanted to eat anything
I would give her, even with only four teeth to chew with. Hikaru didn't
want her to show him up, so he began to eat better, too. I was able to
synchronize their naps during the day so that I had more time to myself
again. Eventually we could even snuggle together on the sofa.





今日も中西さんから、メールをいただきました。

いつもながら、中西さんって文章上手ですよね。
流れるような感じ、見習いたいです。



それじゃ、中西さん、よろしくお願い致します。





こんにちは。

トモです。

今日は朝からドタバタしてましたので、
セブンイレブンでスタミナドリンクを2本買って、

グビグビ飲みました(笑)。

どーでも良い話ですが、

大学時代、僕がアルバイトを5つ掛け持ちしていた頃は、
スタミナドリンクを毎日3、4本は飲んでました。

ハブ抽出エキスとかね(笑)。

スタミナドリンクマニア(苦笑)。


おまけに僕は大学の講義にもほぼ、

ハンドレッドパーセント(カタカナに特に意味はないよ 笑)。
の出席率だったので、

今更ながら、

「あー、よくやったな自分」と思ってます(笑)。


お昼を食べる時間があまりにも限られていたので、
原付きで運転しながら、パンかじってたしね。僕。

ちなみに、

自分以外でパンかじりながら原付きを運転している
人には今だに遭遇したことがありません(爆)。



中学時代の同級生で、
某Fテレビに入社して(言ってるし 笑)、

今年で3年目になるN君があっっまりにも

忙しい忙しいと電話口で言うものだから、


仕方なく、


「忙しさ自慢大会」で昔話に花を咲かせて、
最後に散らせておいたというわけです(笑)。



お前はお前の都合で忙しくしてろよー。

俺は俺の都合で忙しくしてるからなー。


ガッチャン・・・。


というわけで、この原稿は、
電話をガチャンと切った後に書いてます。


あ、それから
トモネット英語塾の決済システムで

JCBカードが一時使えなくなっておりましたが、
ようやく復旧しましたので、

これで一安心です。


いやー、メール攻撃しまくった甲斐
がありました(笑)。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1.魔法使いについて。

2.英語の話。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1.魔法使いについて。


さて、今日は魔法使いの話についてです。

自分で言うのも何ですが、
相当変な話です(笑)。


ただ、僕が前回のレポートで、珍しく次回は、
「魔法使いについて」と予告のような形で宣言をしたので、


きっちり約束を果たそうと思います(笑)。


ただ、本題に入る前に言っておきますが、
くれぐれも「気をつけて」読んで下さいね。

「気をつけて」と言っても、この話をすることで、
「お金を取りますー。」そんな、せこいマネはしないので、


その点、安心して読んでください。


気をつけて欲しいのは、
あなたの「読み方」です。


是非、素直に読んでみてください。
何度も言いますが、相当変な話ですから。

はい。


さて、前置きはこれくらいにして。
最近、ひょんなことからお友達になった、

僕の家から電車でものの30分くらいのところに住んでいる
魔法使いの方から聞いた話です。

いや、「魔法使い」という表現はある人にとっては、
適切な表現ではないかもしれないので、

占い師としておきます(一緒か 笑)。


さて、この占い師なんですが、

ヒーリングとか、スピリチュアルにも
詳しいんですね。

スピリチュアルについては、日本だと江原啓之(ひろゆき)さん、
それから、美輪明宏(あきひろ)さんが有名だよね。


ちなみに、江原さんはここで動いてます(笑)。
(音が出るので、気をつけてね。)


http://www.ehara.tv/


というわけで、

宇宙の法則やら、オーラなんかにも非常に
詳しいんですね。


いや、詳しいってもんじゃないな。


愛知県を限定して言えば、この世界では
かなり名の通った有名人です(笑)。


彼女の簡単な経歴は、、

パキスタン生まれの帰国子女。

好きな食べ物は、とにかく辛いもの。

前世はイタリアで○女狩りに会う。

家はクリスタルの石だからけ。


以上このままだと経歴だけで終わってしまうので、
以下省略します(笑)。


で、そんな彼女が、
こんなことを言ってました。


「トモ君。2007年はね、必ず“想いの年”になるからね。
 
 想いの年というのは、

 簡単に言うと、強く望んだことが叶ってしまう。
 そんな年よ。

 というのも、

 2007年という年は、これまでない程に、
 宇宙から降り注いでいる「光子」の数が
 
 とてつもなく多いの。

 だからね、
 
 普段の10倍速で、想いが実現されるのよ。」



それから、

彼女はこんなことも言ってました。



「ただね、気をつけなくちゃいけないことがあって、
 
 想いというのは、前向きに。
 プラスの方へ想えば、確かにそうなるんだけど、

 マイナスの方へ想えば、マイナスの方へ
 それこそ10倍速で進んで行ってしまう。

 だから、注意が必要なの。」



あっ、断っておきますが、


別に僕は、スピリチュアルとか
ヒーリングの類の話というのは、


んっもうっ、殆ど信用していない人間なので、

ふーんとだけ聞いていたのですが、

最近、「いや待てよ。これって・・・」

と立ち止まって、ゾクゾクっとしてしまうことが
多々あるので、ちょっと妙な心境です。


おまけに手を触られただけで、
ズバズバとリーディングされてしまうし・・・。


うーん。

不思議です。


ちなみに、


この話は2時間くらいある話の中から
ポイントだけを絞って、

かなり、はし折って書きました。


1から10まで書くと、もう
書いている僕が変になってしまうので、

省略します(笑)。


参考までに。




2.英語の話。



英語の話です。

これも少し変な話になってしまうかもしれませんが、
思ったことをありのまま、正直に書いて行こうと思います。

ただ、間違っても

僕の言うことをそのまま鵜呑みなんかに
しないで下さいね。

要するに、

僕の言っていることを「判断」するのは、
あなた自身だということです。


僕は、英語に関しては特にそうですが、


自分が集められることができる
あらゆる情報、


それから実際に実体験の上で試してみた、


それこそ、仮説と検証を繰り返した
情報を総合的に判断してモノを言っています。


ただ、やみくもに

あーだ、こーだ言っているわけではないです。


でも、

そうは言っても

間違えます(笑)。

100%はありえません。

気持ち的には100%を目指していますが、
やっぱりありえないです。完璧というのは。

方法論、精神論、実践論、
もうキリがないですから。


そして、当然のことながら、
僕は絶対ではないです。


というか、どこにでもいる普通の24歳です。

ただ、自分の知っている限りのことは、


誠心誠意、

時には、熱く
時には、ウザク語ります(笑)。

それだけのことです。


では、行きます。


英語に関してですが、
今だに「裏ワザ」を求めている人。


いい加減に目を覚まして下さい。



基礎練習をバカにして、やたらめったら、
テクニックばかりを身につけることほど、

使えないものはないですからね。


ちょっと頑張って失敗すると、


すぐに何か新しい「ノウハウ」を求めてしまう。
頭の中は、全否定か、全肯定。

これしかない。


いいですか。


英語は、比例のグラフのように
右斜めに一直線!!!

こんなことはまずないですよ。

まずないです。


むしろ、


最初は、殆ど平行線で
横に間延びしているそんな感じ。

ただ、ある一定期間を過ぎていくと、
ジリジリと斜めに伸びていきます。

それから、またある期間を過ぎると
殆ど、垂直のような感じでググッと伸びていきます。


ブレイクスルーが二箇所あるわけです。


英語の基礎体力が身についていれば
この変化はすぐに体感できます。

ただ、そうでない人。

一ヶ月、二ヶ月、もしくは
半年、一年、もしくは何十年。


基礎体力がついていないうちに
無理にあれにもこれにも手を出してしまう。


最初であれば、あるほど


英語は、「戦略」を立てて
キチッと「鉄則」を守ることです。

仮にあなたがあれもこれも手を出しているとしたら
今やるべきでない、言ってしまえば

邪魔なものをドンドン捨てていく力が、要求されます。



では、トモネット英語塾では一体何をやっているのか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


これまでリアルタイムで実際のフォーラムを
あえてここで見せてきたのは、

少しでもここから、何かしら感じとって
欲しかったからです。

ずっと見てきた人はわかると思いますが、
段々とフォーラムが活性化してきたでしょ?


見るたびに物凄い勢いだったと思います。

何しろ見るたびに経っているスレッドの数が
増えまくっている異常現象。


よくフォーラムを外部の方に見せると


「煽ってる」とひねくれたように、
斜に構えて傍観している方もきっといるとは思いますが、


そのまま傍観しているといいです。

どうかずっとそんな風に思っていてください。


これは塾生にも言っていることですが、


僕は何も無理をしてまで、

トモネット英語塾へ入りなさいと
言っているわけではないです。


ただ、

今、直面している問題、
それを解決するために、

トモネット英語塾という場所で

あなたが抱えている問題が解決するのであれば
もう大いに使い倒してください。

これだけです。


当たり前ですが、


トモネット英語塾には
魔法だとか、30日で英語ベラベラだとか

そんなことは一切やってません。
というかできません(笑)。

やっていることは、地味です。
本当に。

ただ、既に動いている人は、
もうとっくにスタートダッシュをきっている。


それだけです。


僕は、大袈裟でも何でもなく、
英語によってある意味で、自分の未来を切り開きました。


英語のお陰で実現できた夢、

それから夢を実現することで、

初めて見ることができた景色は、
本当に計り知れないです。


自分と同じような経験を一人でも
多くの仲間たちに体感して欲しい。


根本的には僕はただこれだけのために
動いています。


何より楽しいですからね。



まとめると、



・英語を話せるようになるためには、
 絶対的な基礎体力が必要。


・英語に裏技は存在しない。


それから補足ですが、

英語の「鉄則」とは簡単に言えば、
ゴールを設定し、そこから逆算することで

スタート地点を決めて、超明確化すること。

昔から何度も言っていることです。


続きは、この手紙に全部書いてあります。
どうしても分らないことがあれば僕にメールしてください。


ただ、デカデカと書いてあることに対して、
知ってか知らずか堂々と質問をしてくる方。


後から怖いですよ(笑)。


トモネット英語塾

2月、そして3月から、ますます加速します。


→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/





追伸



塾生の皆様へ;
これから入塾される方へ;



トモネット英語塾は間違っても
インターネットだけで完結するような

そんなちっぽけな英語塾ではありません。


というわけで、


3月のどこかで(実は日程はほぼ確定してます。)
塾生限定の懇親会を行います。

人数はできれば少数がいいので、

多い場合はかなり数を限定するかもしれませんが、
そうでもないかもしれません。

それから、

懇親会への参加方法は、
少しだけハードルを設けてありますので、

塾生は今の内に飛び越えておいて下さいね。





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■

 莉愛が生まれて、早一週間経ちました。

 サラは、毎日毎日授乳に追われて、寝る時間が少なくなっています。

 しかし、ヒカルやミヤビのときより、寝てるみたいなので、
 少し安心です。

 莉愛は、寝る子です。(笑)


 また、多くの読者の方から、お祝いのメールをいただきました。

 本当にありがとうございます。

 すべてに目を通してますが、返事はちょっと待ってくださいね。


 落ち着いてから、出します!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください

購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved


絶対あきらめない英語コラム[2007/2/17]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    号外 2007/2/17
___________________________________


★ 第三子がうまれました


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第三子がうまれました
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


莉愛 スー 斉藤(リア スー サイトウ) 女の子です。(第三子)

西海岸時間  2/16 7:00PM (日本時間 2/17 12:00PM)


サラ、おつかれさまでした


今回も、サラ大串先生(助産婦)の自宅水中出産でした。


今、私の後ろで、三人の助産婦さんが、サラとリアの世話と、
後片づけをしています。


はー、よかった、よかった!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved


絶対あきらめない英語コラム[2007/2/12]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.880 2007/2/12
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part3(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part3(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 3


My mother, who had nine children, kept encouraging me.

"You are at the hardest part," she told me. "Having two such small
babies to care for is more difficult than anything else you'll do. It's
hard to imagine right now, but someday soon they'll grow up. They'll be
able to play together, even to help you with chores and with the littler
ones. They won't need you so much. Then one day after that, you'll turn
around and wonder where they all went to."


She sounded so wistful that I realized how much she missed her days
of taking care of her babies. I had been one of them, and it helped me
realize that my children really would grow up someday.





そして、赤ちゃんで5人目です


9人の子供を育てた私の母は、励まし続けてくれました。


『今が一番大変な時よ』と、母は言いました。 『世話をしなくちゃいけ
ない小さな赤ちゃんが二人いるっていうのは、何にもまして大変なことなのよ。
今はちょっと想像できないかもしれないけど、いつか子供は、すぐに大きくなる
のよ。彼らは、一緒に遊べるようになるし、家事や雑用でさえ手伝ってくれわよ。
彼らはあまりあなたを必要としなくなるわ。そしてある日、後ろを振り向いたら、
あれ、どこに行ったのかしらってことになるわよ。』


母が、切ない気持ちになっていたので、自分の子供達を世話していた日々を
どれだけ懐かしがっているのかが、分かりました。
私は、母の子供の一人であったし、その事で子供たちが本当にいつか成長する
だろうということに気付かされました。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





今日も中西さんから、メールをいただきました。

なかなか含蓄のあるメールですので、
しっかり読んでくださいね!!(笑)

それじゃ、中西さん、よろしくお願い致します。




こんにちは。

中西です。


雲間から光がさして来たので、
久しぶりのトモレポートです。

なんのこっちゃ(笑)。


2007年1月1日より、
トモネット英語塾、塾長に就任しましたが、
(あっ肩書きだけだよ 笑)。

何だかんだでご無沙汰してます。


東京、横浜、長野、大阪と

あっちへ行ったりこっちへ行ったりと
飛び回っているうちに


すっかりお礼を言うのが遅くなってしまいました。


あっ、お礼というのは、少し前に僕がここで紹介した、
「パイロットが教える英語学習法」(2007年版)


コレなんですが、


本当に沢山の方に読んでもらえて、
それだけじゃなくって、


激励や感想のメールまで送ってくれて・・・。


中々、メールの返信が追いつかない中、
本当に本当に励みになりました。


ありがとうございます。


ただ、一方で


「パイロットが教える英語学習法」(2007年版)
って何??


ひょっとしたら、
こう思うかもしれません。


もしそうだとしたら・・・あー大変です。


はい。


実はこっそりサイトごと新しくなって、
URLも既に変わってしまってます(笑)。


あーだこーだ言う前に、
今のうちに読んで見て下さいね。


面倒なので、お知らせするのは、
当分ないと思います(笑)。

http://1eigo-tommonet.com/new_tomoreport.htm


それから、


「購読できないよー。」


こんな場合は、

一時締め切ったということなので、
くれぐれもご了承下さい。

読めないとメールを頂いても


僕は、「ほらね」として
もう言いようがなりありませんので(汗)。

よろしくお願いします。



さて今日は、

トモネット英語塾の一般募集が開始したことと、
現在の塾生の様子を世界一はやく、


そしてリアルタイムでお伝えしようと思います。



それでは、今日も行ってみよー



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

目次

1.たったのこれだけ。

2.トモネット英語塾、いよいよ

3.おまけ(魔法使い)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



1.たったのこれだけ。




人間は、たったのこれだけ。



・耳にしたものは、忘れる。

・目にしたものは、覚える。

・やったことは、理解する。



たった、この3パターン。


つまり、必ずどこかで行動しなければ
結果は伴わないということだ。


これって至極、当たり前のことだけれど、
意識してかどうなのか、


殆どの人がわかった“つもり”になっている。


例えばね、

子供があなたにこんな質問をしたとする。


“ねぇねぇ、F−1”って何だか知ってる?


当然のようにあなたは、


“知っている”


そう答えるよね。


だけど恐らくあなたは、



・F-1とは一体、何の略なのか?
・去年のレースは何回行われたのか?
・去年は誰が優勝したのか?
・レーサーの収入はいくらくらいなのか?



びっくりするくらい、何も知らないと思う。


F−1を知っていると答えたにも関わらず。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


何を持ってして知っていると言えるのか?


これが要するに“わかったつもり”の典型的な
例だよね。

ちょっと大袈裟だけどね。


英語もまったく同じ。


必死になって英語を一所懸命
勉強すれば、いつかきっと英語が話せるようになる。

そう思っている人、


本当に危険です。
~~~~~~~~~~~~~~

いつまで経っても、
思うような結果がついて来ないとしたら、


原因はきっとそこにあるよ。



これだけは言える。


インプットした以上に、

アウトプットしていかなければ、
必ず忘れます。



・やったことは、理解する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



つまり、行動すること。
もっと言えば、「正確」に行動すること。

これが英語の場合は、「鉄則」。


シンプル過ぎて、
信じようとしない人があまりにも多いし、

情報が多すぎるあまり、

もはや何を行動に移したらいいのかも
分らなくなってきている。


これが大問題。


というわけで、トモネット英語塾という
反面、スパルタの場を提供して試してみました。


先行募集という切り口で試してみたけれど
これがまた凄いことになってます。


この結果は、
当然と言えば当然なんだけどさ。


これからが本当に楽しみです。



はい。




2.トモネット英語塾



「これ」と「これ」をまるでガイドラインのような

それこそ段階的、且つ「確実」に実践の場で使える、

そんな「使える英語」をモノにする場所。


オンリーワンのトモネット英語塾。



その実践の場の1つが例えば、このフォーラム。


→ http://1eigo-tommonet.com/bbs2007-3.htm



見ました?


凄い盛り上がりでしょ?


これが当たり前のように行動できている証拠。
毎日毎日、ガンガン書き込みが来てます。


ここでは、
僕の肩書きは確かに塾長となってはいるけれど、


トモネット英語塾の中では、
そんなことは全くお構いなし(笑)。


僕からの一方的な講座ではなくて、
常にスタッフも全員参加の実践型。



全員 対 全員 のガチンコ勝負。


トモネット英語塾。


インターネット上ですべてが完結すると
思いきや、

これから日本各地で頻繁に行われる懇親会で、
否応なく塾生の殆どが僕と会うことになります(笑)。



トモネット英語塾はリニューアルして、
実はこれからが本格始動です。



ただ、

リニューアルしたとは言っても
塾生の数には、やはり「限り」があります。

塾生の数が多すぎてサポートに手が回らない。
そんなことは絶対にあってはならないので、


今回も少しだけハードルを設けてます。


トモネット英語塾。


これから随時、一斉告知を開始していきます。
ですので、今すぐ読んで見て下さい。


僕が言うのも何ですが、
迷うようならやってみた方が良いですよ。

本当に。


トモネット英語塾の説明はすべてこの
手紙に書いてあります。

→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/



それからアクセスが集中し過ぎたため、
一時、パイロットの音声がブッ飛んでしまいましたが、

ようやく無事に復活しました。


→ http://1eigo-tommonet.com/tomojuku/








▽ 今日の塾生の声はこちら

*そのまま原文で載せているので、誤字脱字が
 “よく”あります(笑)。



(ここから)


トモさん、こんばんは。

いつも英語塾でお世話になっています

こき(ペンネームです(^。^))


毎週の英語レポート本当に楽しみにしています。

英語から遠ざかること、かれこれ20年くらいですが
とてもわかりやすく説明してくれるので、

これなら問題なく続けられると思ってます。


まだ、サラさんの音声を聞いても、
DVDを見ても(・・?が多いですが、

それでも毎日少しでも英語に触れていたいと思う
自分がいて、初体験なので、そんな自分にびっくりです(笑)



第3回のトモさんのレポートで、
「最初の一歩が肝心」とありましたが、


ホントにそうだなと思いました。


当たり前のことなのかもしれませんが、

日々の中でけっこう忘れがちなので、
とても新鮮に感じました。


英語以外でも、そんなことに気づかせてくれる
この英語塾に入って本当によかったと思っています。

これからも、どうぞよろしくお願いします(^。^)




(ここまで)




3.おまけ



次回は、英語とはあまり関係ないですが、
世にも奇妙な最近、友達になった魔女の話です(笑)。




お楽しみにーーー




ここまで読んで下さって、
本当に本当にありがとうございます。


感謝!!





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 本当に二月なのってくらい、暖かい日々が続いています。


 先週末、ヒカルの誕生日がもうすぐなので、何が欲しいのかを、
 お店に行って一緒に確かめました。

 ヒカルが欲しいのは、トーイング車。故障した車や、駐車違反した車を
 撤去する車です。

 しかし、ヒカルの欲しいものは、ちょくちょく変わるので、
 誕生日までに、何回変わることやら。

 しかし、もうすぐ4歳です。

 そして、このメルマガも、今年で4歳になります!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

絶対あきらめない英語コラム[2007/2/5]


---------------------------------------------------------------------
絶対あきらめない英語コラム  
---------------------------------------------------------------------

___________________________________

             ★  目次  ★    VOL.878 2007/2/5
___________________________________


★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)

  ★ 編集後記


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★ 第125話  And Baby makes Five   Part2(翻訳)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 サラが妊娠をしているとメルマガに書きましたら、ある読者の方から
 メールをいただきました。

 (S子さん、ありがとう)

 サラは、そのメールに触発され、新しいコラムを書き始めました。


 今回のコラムは、我が家がテーマです。




 音声はポッドキャスティングで、ご提供します。
 http://zettai.seesaa.net/

 しかし、iPodがなくても、iTuneがなくても、簡単にダウンロード
 できます。ご心配なく!!





And Baby makes Five

Part 2


I remember when Miyabi was an infant and Hikaru had just turned two.
It was a difficult time for all of us. When Hikaru was a baby, I could
sleep while he slept, but now I was up all night with Miyabi and then up
all day with him. They almost never slept at the same time, so I was
completely exhausted.


To make things worse, Hikaru missed being the center of attention.
Every time I sat down to nurse his little sister, he would throw a big
tantrum. I encouraged him to sit with us, but he would just scream at me,
or try to push Miyabi off my lap. Sometimes I'd have to put him in his
room and listen to him cry while I nursed her. Sometimes I'd cry too,
because it felt like I could never take care of either of them
as well as I should.


Then they both got sick, which made things even harder. Tomo tried to
come home earlier and help out. His support was deeply appreciated, but
there were still so many things that only I could do. I wasn't sure if
I was going to make it.





ミヤビが乳児で、ヒカルがちょうど二歳になった時の頃を覚えています。
私達全員にとって、難しい時期でした。 ヒカルが赤ちゃんの時は、彼が眠って
いる間に、寝ることができました。しかし今は、ミヤビと一晩中起きていて、
そして昼間中ヒカルと起きていました。彼らは同じ時間にほとんど寝ることが
ありませんでした。それで、私は完全に疲れきっていました。


さらに悪いことには、ヒカルは注目の中心でなくなったことが、さびしかっ
たのです。 私が、彼の小さい妹におっぱいをあげるために座っていた時はいつ
も、彼は大きな癇癪を起こしていました。 彼に私たちと一緒に座るように勧めま
したが、大声を上げるか、あるいは膝からミヤビを離そうとしました。
ミヤビにおっぱいをあげている間に、時々彼を自分の部屋に入れ、彼の鳴き声を
聞かなくてはいけませんでした。 彼らを同じようにキチンと世話をすることが
できないと思うと、時々私も泣いてしまいました。


そして、子供達両方が風邪をひいたときは、もっと大変になりました。
ともは、いつもより早く帰宅し、そして手伝ってくれました。彼のサポートは、
すごくありがたかったです。しかし、私だけができることはまだたくさんありま
した。私は、うまくできるかどうか、自信がありませんでした。





★今週の音声は、こちらです(↓)
http://zettai.seesaa.net/article/31446397.html


音声ファイルをダウンロードする時に必要な、ユーザー名とパスワードは、
こちらのアンケートに答えて下さった方に、無料で差し上げます!!
http://zettai.seesaa.net/article/8893418.html





□■― 編集後記 ――――――――――――――――――――――――――□■


 このごろ、ポートランドはすっかり暖かくなりました。

 もう、春なのでしょうか??


 ところで、今度生まれる子供(女の子)の名前は、リアにする予定です。

 漢字は、利愛、もしくは莉愛にしようと思ってます。

 2/22が予定日です。

 もうすぐです!!!





----------------------------------------------------------------------
【はじめて登録してくださった方へ】
----------------------------------------------------------------------

 今回登録してくださったみなさん、ありがとうございます!

 このコラムでは、沙羅(サラ、Sarah)先生が、常日頃感じている事を
 コラムにしています。ですので、毎週新鮮なコラムを読むことが出来ます。

 すべて“オリジナル”です。

 オレゴン州 ポートランドから、毎週お届けしています。
 政治問題から、アメリカ人の風俗習慣まで幅広いですよ!!


----------------------------------------------------------------------
【注意事項】
----------------------------------------------------------------------

 みなさんは、学生時代に上手に英語を習得できなかったと思います。
 ですので、学校で習うような形で、英語の勉強を、し直さないでください。

 失敗を繰り返すだけです。


 ですので、まず、


 1. 音声ファイルは、必ず聴いてください。

 2. 文法、単語を、気にせず読んでください。

 3. 頭の中で翻訳せず、英語の語順で理解してください。

 4. 英語のナチュラルスピードに慣れてください。


 これを繰り返す事により、必ず英語が聴き取れるようになります。


 『絶対にあきらめない』でね!!!



 “沙羅”と“とも”は、みなさんを応援し続けますよ!!!!





☆感想、お待ちしています。
お知り合いの方にも、このコラム教えてあげてください。


このメルマガを、推薦してください。
まぐまぐ 読者さんの本棚⇒< http://www.mag2.com/wmag/osusume/toukou.htm >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
意見・感想・質問・相談等 → oka4u★comcast.net (★を@に変えてください)
購読登録・解除 → http://www.mag2.com/m/0000114534.htm

ポッドキャスティング(ポッドキャスト)ブログ→ http://zettai.seesaa.net/
──────────────────────────────
日本語解説:Tomo Saito(とも 斉藤) oka4u★comcast.net
Portland Oregon U.S.A.
──────────────────────────────
『まぐまぐ』の配信システムを利用しています。
──────────────────────────────
知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。
その際は、 全文を改変せずに転送・回覧ください。

2003-- Copyright Sarah Kay Saito - All Rights Reserved

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。